今月の旅指南

2017年7月24日

»著者プロフィール
閉じる

狩野直美 (かのう・なおみ)

東京生まれ。フリーライター。旅行業界誌の記者・編集者を経て、1994年からフリーランスに。主に海外旅行関連誌、ウェブマガジン等に記事を執筆中。

 鮮烈なイメージとダイナミックな構図で知られる洋画家、絹谷幸二(きぬたにこうじ)。これまでの代表作品を通して、独自の画風をたどる展覧会が開かれる。

 昭和18年(1943)生まれの絹谷は、東京藝術大学で学び、壁画の集中講義のために来日したブルーノ・サエッティ教授の誘いを受け、昭和46年にヴェネツィアに留学。壁画の古典的技法、アフレスコの現代的表現を習得する。帰国後に発表した「アンセルモ氏の肖像」で、新人洋画家の登竜門とされた安井賞を最年少(当時)で受賞し、一躍脚光を浴びる。

 本展では、初期の代表作の1つ「アンジェラと蒼い空Ⅱ」を、それに先立って作成された「アンジェラと蒼い空Ⅰ」(前期のみ)と並べて展示、そのイメージの変遷を比べることができる。

絹谷幸二 《アンジェラと蒼い空 II》  昭和51年(1976)
東京国立近代美術館蔵

 奈良で生まれ育った絹谷が、幼少時より親しんでいたという興福寺の北円堂に安置された国宝「木造無著(もくぞうむじゃく)・世親立像(せしんりゅうぞう)」を描いた作品「無著・世親立像」が展覧会で初めて公開されるのも見逃せない。

 ほかにも本展のために制作された京都がテーマの最新作をはじめ、作品の世界観を映像化した3面スクリーンの大作の展示など、多彩な絹谷作品に出会える。

●絹谷幸二 色彩とイメージの旅
 <開催日>2017年8月22日~10月15日
 *前期(8/22~9/18)、後期(9/20~10/15)で、展示替えあり
   <開催場所>京都市左京区・京都国立近代美術館(市営地下鉄東西線東山駅下車)
   <問>☎075(761)4111

   URL:http://www.momak.go.jp/
    http://kinutani.jp/exhibition/index.html

*情報は2017年6月現在のものです。料金・時間・休館日などの詳細は、お出かけの際、現地にお確かめください

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2017年8月号より

 
 




 

 

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る