BBC News

2017年7月25日

»著者プロフィール

フランス南西部ピレネー山脈の移民保護施設に転用が予定されているホテル跡地で24日、反対する住民らが敷地の入り口に壁を建設した。住民らは施設の開設について地元当局の説明がなかったとしている。

ホテル「フォーミュール1」の跡地がある町、セメアックの住民数十人が幅18メートルにわたって高さ1.8メートルの壁を建設した。施設では最大85人の移民を収容する予定。

地元当局は現時点で壁建設の阻止に動いていない。

壁の建設作業は24日の夜まで続いた。

反対住民の代表を務めるローラン・テシェイラさんはAFP通信に対し、「移民に反対しているわけじゃない。だが、市民のことも考えてもらわなくちゃいけない」と語った。

反対住民らは、人口約5500人の小さな町では移民の流入に対応できないと主張している。

フランスでは、セメアックのホテル跡地を含む数十カ所で建物が政府によって買い上げられ、移民施設への転用が図られている。移民の多くは現在、街路で寝起きしている。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)によると、2015年にフランスは2万630人の難民を受け入れている。

<用語について> BBCは、亡命申請の法的手続きを終えていない、移住中の人すべてを「移民」(migrants)と呼んでいる。この中には、戦争で引き裂かれているシリアのような国を逃れて移動し、難民認定される可能性の高い人たちも含まれる。また、各国政府に「経済移民」と分類される可能性の高い、より良い職業や生活を求めて移動している人たちも、「移民」に含まれる。

(英語記事 France migrants: Protesters build wall around shelter

提供元:http://www.bbc.com/japanese/40713509

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る