BBC News

2017年7月28日

»著者プロフィール

中国の成都市にある有名なパンダ研究施設で、ジャイアントパンダの赤ちゃん2頭が虐待されているかのように見えるビデオをめぐり、中国国内で激しい怒りの声が上がっている。

拡散されたビデオでは、職員が赤ちゃんを「引きずって振り回し」ているかのように見える。

動画を見た中国のネットユーザーたちは、動物虐待に当たるとして批判している。

しかしパンダ飼育係のグオ・ジンペンさんは、赤ちゃんパンダが暴力的だったと弁解した。

グオさんは中国国営の新華社通信に対し、餌やりの際に噛まれたが、そこはビデオに映っていないと説明した。

「赤ちゃんパンダが私の手を思いきり噛んだんです。歯が手の肉に刺さって、血が出てきました」と話し、今も手に傷が残っていると加えた。

「また噛みつこうとしたので、とっさに押しのけました」

グオさんはまた、今週このビデオがオンライン上で拡散され、自分は誤解されたと感じていると話した。ビデオは今月録画された。

「オンラインのコミュニティは、私たちがパンダを大切にしていないと主張しています。でもこの生き物が大好きだからこそ、私たちはここにとどまり働くことを選んでいるんです」とグオさんは地元メディアに話した。

「私がパンダを『投げて』いるあの映像は、自然な反応だというのをはっきり伝えたいです」

グオさんの同僚は地元メディアに対し、ビデオが拡散されて以来、グオさんは施設から「批判され指導を受けた」と話した。

ジャイアントパンダは中国のシンボルと考えられており、政府に手厚く保護されている。

成都市にある公的なパンダ施設は、パンダ種の保護を専門としている。なおパンダは現在、絶滅危惧種ではなくなっている。

「パンダはかわいいけど狂暴にもなり得る」

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地は、今回の「不適切」な出来事への対応として、たとえパンダが引っかいたり噛みついたりしてもパンダを「やさしく」扱うよう職員に命じた、と新華社通信は伝えている。

パンダの専門家ウー・コンジュさんは新華社通信に対し、「ビデオを最初に見た時、職員の反応は過剰だったと思った。パンダを傷つけるつもりではないにしても」と語った。

「みんな、パンダ飼育係にもっと理解を示してほしいです。ジャイアントパンダはかわいく見えても、とても力が強いし狂暴にもなり得ますから」

しかしパンダを保護し熱狂的に愛する中国で、問題となった飼育係のパンダの扱いは物議を醸した。

中国版ツイッター「新浪微博(シナウェイボー)」では多くの人が、赤ちゃんパンダを乱暴に扱ったグオさんの退職を求めている。

中国の首都、北京在住のルー・ジェイインさんは、「彼の言い分などどうでもいい。パンダはまだ赤ちゃんなのに」と書いた。

「無防備なパンダを振り回している姿を見て、とても腹が立った。身の安全がそんなに心配なら、手袋みたいな保護具をなぜ身に着けなかったのか」

他のネット市民はこれを「歴然とした動物虐待」と呼び、この状況への怒りを口にした。

ウェイボーのあるユーザーは、この公営施設そのものに疑問を投げかけた。「成都市の施設は中国の国獣を保護するために設立されたと、みんなずっと思っていた。過去には素晴らしい成果を出したし、パンダの赤ちゃんの写真で多くの中国人を幸せな気持ちにしてくれた」と書いた。

「でも今回の出来事が、この施設の運営と目的に対する私の意見を確実に変えてしまった」

(英語記事 'Panda cruelty' video goes viral in China

提供元:http://www.bbc.com/japanese/40750617

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る