BBC News

2017年8月17日

»著者プロフィール

ドナルド・トランプ米大統領は16日、企業幹部などで構成される2つの諮問会議の解散を決めた。バージニア州シャーロッツビルで12日に起きた極右集団と反対派の衝突で女性が死亡し多数が負傷した事件への対応をめぐって批判が集まるなか、相次いで委員が辞任していた。

トランプ大統領はツイッターで、「製造業評議会と戦略・政策フォーラムにいる経営者たちに圧力をかけるよりも、両方終わらせることにした」と述べた。

これに先立ち、戦略・政策フォーラムは解散が大統領と委員たち双方の合意によるものだと発表していた。

16日には、3M、キャンベル・スープ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ユナイテッド・テクノロジーズのトップらが相次いで諮問会議からの辞任を表明した。

なぜ相次ぎ辞任?

トランプ大統領は14日に声明を発表。週末にシャーロッツビルでデモ集会を開いた白人至上主義者やネオナチ集団を強く非難したが、非難するのが遅すぎたとの批判があった。

しかし、15日に険悪な雰囲気のなかで開かれた会見では、発言内容は当初の姿勢に戻り、トランプ氏は左翼の抗議デモ参加者にも暴力の責任があると語った。

戦略・政策フォーラムの委員だったJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は16日に文書を出し、トランプ大統領の発言に強い反対を表明し、「分裂をあおるのは解決策にはならない」と述べた。

「我が国の分裂の解消に取り組まない限り、建設的な経済および規制に関する政策では不十分で意味をなさない。企業だろうと政府だろうと、指導者の役割は人々を団結させることで、引き裂くことではない」

キャンベル・スープのデニース・モリソン最高経営責任者(CEO)は、トランプ氏の発言後に委員を続けることはできないと語った。活動家らはキャンベル・スープなどの企業に対して、抗議の行動を取るよう呼びかけていた。

トランプ氏の発言はなぜこれほど非難されるのか

トランプ大統領に対しては、12日の極右集会の背後にいた白人至上主義者たちをはっきり非難するよう求める声があった。

ネオナチや白人至上主義者たちが支持していた集会の参加者たちは、米南北戦争で奴隷制維持を主張した南部連合のために戦った南軍のロバート・E・リー将軍の像の撤去計画に抗議していた。

しかし、16日のトランプ大統領は15日の声明とは異なり、集会を開いた側を弁護するかのような姿勢を見せた。

トランプ氏は、自動車を集会の反対派に向かって突入させ、女性を死亡させた男を強く非難したものの、像撤去に抗議していた集団には「多くの素晴らしい人々」が含まれていたと語った。

人種差別団体クー・クラックス・クラン(KKK)の元指導者のデイビッド・デューク氏は、トランプ氏のこうした発言を歓迎した。

16日のこのほかの動き

右翼支持者の男が運転する車にひかれて死亡したヘザー・ハイヤーさんを追悼するため、シャーロッツビルでは16日、式典が開かれた。

登壇した母親のスーザン・ブロさんは、「連中は私の娘を黙らせようと殺した。そうしたらどうなったかって? あの娘の声をもっと大きくしただけ」と語った。参加者たちは立ち上がって拍手し、強い賛同の意を示した。

ジェフ・セッションズ司法長官は、ハイヤーさんをひいた容疑で逮捕された男を、憎悪犯罪で起訴する可能性があると述べた。

フロリダ州マイアミで不法移民について講演したセッションズ長官は、「人種差別や偏見、憎悪、暴力などが、我が国であまりに頻繁に起きる。こうしたことを我々は一切、容認も言い訳もできない」と語った。過去には同長官が人種差別行為に関わった疑惑が浮上したことがある。

南米歴訪中のマイク・ペンス副大統領は、パナマ訪問後に予定を切り上げ帰国すると表明した。外遊に同行した記者らに対しペンス氏は、トランプ氏の対応を支持すると語った。

ジョン・ブレナン前中央情報局(CIA)長官は、CNNテレビに対して書簡で、トランプ氏の発言は「卑劣」で「危険」、「国家の恥」だとした上で、「一部の人間が多くの人々を分断させることを許さない」と表明した。

ジョージ・H・W・ブッシュ、ジョージ・W・ブッシュ両元大統領(2人とも共和党)は声明を発表。米国民に「あらゆる形の人種偏見や反ユダヤ主義、憎悪を拒否」するよう呼びかけ、間接的にトランプ氏の発言を批判した。

昨年の大統領選でトランプ氏を候補に選んだ共和党政治家の間で、トランプ氏の人種に関する意見を批判する声が高まっている。

(英語記事 Business councils disband over Trump remarks

提供元:http://www.bbc.com/japanese/40957609

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る