2010年10月号
2010年10月号

特集:越前港町紀行──三国から敦賀へ

日本海に沿って、弓なりに長く伸びる海岸線。
その、ほぼ中央に位置しているのが越前国、現在の福井県北部です。
越前といえば、東尋坊などの名勝や、「越前ガニ」をはじめとする海の幸が有名ですが、 ここは古代から、ロシア・中国・朝鮮など海を隔てた外国との通商がさかんで、 蝦夷地から琉球まで日本列島を結ぶ舟運が発達し、 物流はもちろん、経済・文化活動、また時には外交の舞台でもありました。
三国と敦賀は、越前を代表する港。ともに日本古代史の幕開けとともに登場する長い歴史を持っています。 そしてこの両港は、古代から中世、近世、そして近現代にいたるまで、時代の流れの中で変貌しながら、それぞれの個性を生かし、今の姿を作ってきました。
写真・齋藤亮一

京都の路地 まわり道
千 宗室・文 井上隆雄・写真
のんびり のんびり

今月の旅指南
長崎市・長崎くんちほか

特集
越前港町紀行 ──三国から敦賀へ
齋藤亮一・写真
●[序論]日本海海運と富の蓄積、産業化 中西 聡・談
●[三国湊編]繁栄の、様は変われど 大朏博善・文
●[敦賀港編]「ヘブン」と呼ばれた国際都市 河 貴一・文

今を決めたあの時
吉永みち子・文 赤城耕一・写真
本吉洋一 南極の石から地球変動の痕跡を探る

個人美術館ものがたり
赤瀬川原平・文 川上尚見・写真
安野光雅美術館 ──昔の教室のある美術館

ひとときエッセイ「そして旅へ」
鈴井貴之
車窓の物語

伊勢、永遠の聖地
千種清美・文/写真
伊勢の一〇月は“神嘗正月

万葉 から吹く風
苅谷俊介・文 井上博道・写真
考古学者のひとやすみ

粋を継ぐわざ
田中敦子・文 渞 忠之・写真
「江戸小紋」 小宮康正

「新幹線俳句大賞」受賞作品紹介[最終回]
(佳作③)

名作のひととき
中西 進・文 林 義勝・写真
飛驒古川・山が秘めた夢幻 ──泉 鏡花『高野聖』

ちょっと寄り道うまいもの
森枝卓士・文/写真
旬はこれから 小倉の天然鰻

芭蕉の風景
小澤 實
羅城門跡 京都市南区

古代史紀行 アキツシマの夢
恵美嘉樹
平泉に眠る乙女の夢 ─奥州藤原氏異聞

遷都一三〇〇年のまほろばから
安藤寿和子・文 喜多 章・写真
奈良とハノイ、薬師寺での邂逅

旅の小箱 from JR東海、JR西日本
●いにしえの空気を感じに、平城遷都1300年祭の奈良へ
●大自然に抱かれた秋の下呂で滝と名湯、スイーツめぐり
●「しまなみ海道・鞆の浦観光キャンペーン」で瀬戸内海を堪能
●「くまもとサプライズザンス観光キャンペーン」スタート!
●ジェイアール京都伊勢丹 秋の京みやげにこだわりの逸品を

お電話からの申し込みお問い合わせ 0120-34-3746 午前10時~午後5時(土日祝日を除く)
最新記事の一覧 WEDGEInfinityへ

「ひととき」の一部の記事は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて記事全文を読むことができます。