BBC News

2017年9月14日

»著者プロフィール

ハリケーン「ハービー」が去った後の米テキサス州で、砂浜に不思議な生き物が打ち上げられていた。発見した女性が、ツイッターで「これはなに?」と呼びかけた結果、正体が特定された。

プリ―ティ・デサイさんがテキサスシティの海岸で、不思議な魚を見つけた時、すでに腐敗が進んでいた。

ツイッターに写真を次々と投稿し、「生物学ツイッターに質問。一体これは何?」とツイートした。

この問いかけはやがて、ウナギ専門の生物学者、ケネス・タイ博士にまで届いた。博士は、キバウミヘビではないかと考えている。

チンアナゴかアナゴの可能性もあると博士は話す。「3種類の生き物はいずれもテキサス沿岸に生息し、大きな牙のような歯が生えている」からだという。

ハリケーン「ハービー」がテキサス州に強風と洪水をもたらしたため、この生き物が打ち上げられたと考えられる。

キバウミヘビは「牙つき」ウナギとしても知られ、通常は西大西洋の水深30~90メートルにいる。

デサイさんは当時、ハリケーンの被害を確認する砂浜を調べていた。

BBCに対してデサイさんは「まったく予想外でした。いつも海辺にいるものではないので。深海から打ち上げられた生物かもしれないと思った」と話した。

「目にしてまず、これはなんだろうと好奇心がわいた。いったい何なのか、正体が知りたかった」

多くの科学者がツイッターを利用していると知っていたので、画像を投稿したのだとデサイさん。ほどなくして友人が反応し、タイ博士に連絡した。

「たくさんの科学者や研究者をフォローしているんです。すばらしいコミュニティーで、とても参考になる。特に世界について何か知りたかったり、動物や植物の種類を特定したい時は」

デサイさんはこのウミヘビを浜辺に残した。「あとは自然の成り行きに任せます」。

(英語記事 Fanged creature found on Texas beach after Hurricane Harvey

提供元:http://www.bbc.com/japanese/41263066

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る