BBC News

2017年9月17日

»著者プロフィール

ロンドン南西部のパーソンズ・グリーン駅で15日朝に列車内で爆発があり、30人が負傷した事件について、英警察は17日、2人目の男をテロ容疑で逮捕したと発表した。

ロンドン警視庁によると、ロンドン西部ハウンスローで16日夜、21歳男性をテロ容疑で逮捕し、ロンドン南部の警察署で勾留した。

これに先立ち18歳男性が同日、南東部ドーバー港の出国区域で逮捕され、ロンドン市内の警察署に移送されている。

アンバー・ラッド内相は17日朝、BBC番組に出演し、2人目を逮捕したことからも、地下鉄攻撃は「一匹狼」の単独犯行ではないようだと述べた。

事件については過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)が犯行声明を出しているが、ラッド内相はISが背景にいると示す「証拠はない」と話すと共に、捜査を進めるなかで容疑者たちが「どのように過激主義に洗脳されたか、できる限り解明していきたい」付け足した。

ISの関与については、ロンドン警視庁のマーク・ロウリー副総監も16日、事件と関わっているいないにかかわらずISが犯行声明を出すのは「まったくいつものこと」だと述べていた。

テロ警戒態勢は爆破事件でいったん、攻撃を受けて最高レベルの「危機的」に引き上げられていたが、2人目の逮捕後、2番目の「深刻」に戻された。

ロンドン南郊サリー州のサンバリー・オン・テムズでは16日、民家の家宅捜索が始まり、周辺住民も一時避難させられた。この民家に、ドーバー港で逮捕された18歳が住んでいたとみられる。

近隣住民によると、捜索対象の民家は、ロナルド・ジョーンズ(88)とペネロピー・ジョーンズ(71)夫妻の自宅。夫妻は数十年前から、身寄りのない子供や若者を保護し、支援する活動を続けており、2010年にはエリザベス女王から大英帝国勲章(MBE)を授与されている。

夫妻の友人によると、最近では18歳と22歳の若者が夫妻の家に身を寄せていたという。

防犯カメラ映像も

捜査当局は、ウィンブルドン発東方面行きの地下鉄車両に爆発物を置いた人物の防犯カメラ映像を入手していることが、BBCの取材で分かった。爆発装置にはタイマーがついていたとされるが、BBCのフランク・ガードナー治安担当編集委員は、爆弾が「部分的に作動しなかった」可能性があると指摘する。

もし犯人の想定通りに爆発していたら、近くにいた多数が死亡し、車両内の大勢が重傷を負っていたはずだとガードナー編集委員はみている。

ロンドン警視庁は、情報提供を広く呼びかけており、現場で写真や動画を撮影した人は、ukpoliceimageappeal.co.ukにアップロードするか、対テロ・ホットライン(0800-789-321)に電話するよう求めている。

メイ首相、トランプ米大統領に不快感

パーソンズ・グリーン駅での爆発を受けて、ドナルド・トランプ米大統領は間もなく、「スコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)に把握されていた負け犬テロリスト」による犯行だとツイートした。しかしテリーザ・メイ英首相はこれを受けて、「進行中の捜査について誰かが推測で物を言うことは、決して役に立たない」と不快感を示した。

ラッド内相も、緊急治安閣議(COBRA)に出席後、当局が事件関係者を事前に把握していたと言うには「はるかに時期尚早」で、「捜査は進行中だ」と強調した。

ロンドン警視庁のクレシダ・ディック警視総監は、地下鉄に乗り、テムズ川南岸のサウスバンクでパトロールにあたる警官たちに合流。「ロンドンはこれまでもひどい攻撃を受けても立ち止まらなかったし、今回の攻撃でも止まったりしない」と述べた

(英語記事 Parsons Green: Armed police search house over Tube bombing

提供元:http://www.bbc.com/japanese/41297325

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る