BBC News

2017年9月18日

»著者プロフィール

米ジョージア州アトランタのジョージア工科大学構内で16日、武器を持っていたとされるLGBT(性的少数者)の学生活動家が、警察に射殺される事件があった。

調べによると、「刃物と銃を持った人物」が大学構内にいると通報を受けた警察が、コンピューター工学専攻の学生、スカウト・シュルツさん(21)と対決する形になった。シュルツさんは、開閉式の刃物を手にしていたが、通報と異なり銃は持っていなかったようだという。またナイフの刃は出ていなかったという情報もある。

学生が現場で撮影した映像では、複数の警官がシュルツさんにナイフを手放すよう命じているが、シュルツさんはこれを拒否。「撃て!」と言いながら警官たちに近づいて行くシュルツさんに、1人の警官が発砲した。

ジョージア州の捜査当局によると、シュルツさんは運ばれた先の病院で死亡した。ジョージア工科大学警察の警官にけがはなかった。発砲した警官の名前は公表されていない。

シュルツさんの母親リンさんによると、シュルツさんは「スコット・シュルツ」として生まれたが、後に「スカウト」と改名。自分は性的に男性でも女性でもないと自認していたという。様々な健康上の問題があり、うつの症状で苦しみ、2年前には自殺未遂もしていたという。

リンさんは地元紙アトランタ・ジャーナル・コンスティテューションに対して、警察は発砲するべきでなかったと批判。「辛子スプレーや麻酔銃など、死なせない手段をなぜ使わなかったのか」。

同紙によると、リベラルな政治活動に参加し、ジョージア工科大学の性的少数者団体「プライド・アライアンス」の会長を務めていた。

同団体はフェイスブックで、「今回の出来事をみんな深く悲しんでいる」と声明を発表。「(They)は2年前からプライド・アライアンスの活動の中心にいた。もっと色々なイベントをやるよう、我々にはっぱをかけていた」と書いた。

女性でも男性でもない性自認のシュルツさんは、「he」や「she」と言う性別を限定する代名詞の代わりに、「they」と呼ばれることを望んでいたという。

(英語記事 Armed LGBT student Scout Schultz shot dead by Atlanta police

提供元:http://www.bbc.com/japanese/41303948

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る