BBC News

2017年9月26日

»著者プロフィール

北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は25日、ドナルド・トランプ米大統領の最近の発言は宣戦布告だとみなされると述べ、北朝鮮には米軍の爆撃機を領空外でも撃ち落とす権利があると語った。

国連総会出席を終え帰国の途についた李外相はニューヨークで記者団に対し、「米国が最初に我が国に対して宣戦布告したのだと世界中が明確に覚えておくべきだ」と述べた。

李外相は、「米国が我が国に宣戦布告をしたのだから、我々にはあらゆる対抗措置を取る権利がある。それにはたとえ我が国の領空内でなくても米国の戦略爆撃機を撃ち落とすことが含まれる」と語った。

李外相の発言は、トランプ大統領が23日にツイッターで、北朝鮮が現在のような主張を続けるならば、体制は「長く続かない」とコメントしたことを受けた。

ホワイトハウスのサラ・サンダース大統領報道官は外相の発言を「ばかげている」と述べ、国防総省は北朝鮮が挑発行為をやめるよう警告した。国連の報道官は、激しい言葉が致命的な誤解につながる可能性があると指摘した。

23日にトランプ氏がツイッターに投稿したコメントは、李外相が国連総会での演説で、トランプ氏を「自殺任務」に突き進む、「誇大妄想にとらわれた、精神が錯乱した人物」だと述べたことを受けたもの。

<トランプ大統領はツイッターで、「北朝鮮の外相が国連で演説するのを今聞いた。もし小さなロケットマンの考えを繰り返すなら、彼らは長く続かない」とコメントした>

李外相はトランプ氏の地位について、「長く続かないのは誰か」の疑問にはいずれ答えが出ると述べた。

米国と北朝鮮の間の言葉の応酬が激しさを増すなかで、今回「宣戦布告」という言葉が出たが、北朝鮮はこれまでも同じ言葉を米国に関連して使ったことがある。

国防総省は23日にB1戦略爆撃機が朝鮮半島の東側を飛行したと発表。南北を分ける非武装地帯から、今世紀に入ってから最も北側に飛んだと述べた。

国防総省の報道官、ロバート・マニング大佐は李外相の発言について、「もし北朝鮮が挑発行為をやめないならば、北朝鮮への対応の選択肢を確実に大統領に提示するようにする」と語った。

中国の劉結一国連大使はロイター通信に対し、「鎮静化を望む」と述べた。「危険過ぎる状態になりつつありる。誰の利益にもならない」。

アントニオ・グテーレス国連事務総長の報道官、ステファン・デュジャリック氏は、「激しい言葉が致命的な誤解につながる」と警告し、「唯一の答えは政治的解決だ」と語った。

緊張の高まりが何週間にもわたって続いているものの、専門家らは両国の直接対決につながるリスクは高くないと考えている。

北朝鮮は国連決議を無視する形で核・ミサイル実験を繰り返している。

北朝鮮指導部は、核武装が体制崩壊を望む海外の勢力への唯一の抑止力になると述べている。

北朝鮮が今月初めに6回目で過去最大の核実験を実施したことを受け、国連安全保障理事会は新たな経済制裁の決議を採択した。

(英語記事 North Korea accuses US of declaring war

提供元:http://www.bbc.com/japanese/41395930

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る