BBC News

2017年9月28日

»著者プロフィール

ミシェル・オバマ前大統領夫人は27日、ドナルド・トランプ米大統領に投票した女性有権者を批判した。夫バラク・オバマ氏の退任後、政治的発言はほとんど避けてきたミシェル夫人は、米ボストンでのイベントで「ヒラリー・クリントンに反対して投票した女性は、自分自身の声に反対したのと同じ」と批判した。

マーケティング・イベントの質疑応答でミシェル夫人は、いかに「本物の自分」に忠実でいるかという事例として昨年の大統領選を挙げ、クリントン氏に投票しなかった女性は本来の自分自身に反対したのと同じだと発言。

大統領選でヒラリー・クリントン氏が得た女性票は54%に留まった。白人女性の52%は、トランプ氏に投票した。

「私に言わせればそれはつまり、女性の皆さんは自分の声、自分の意見が嫌いだっていうことです。『これを好きになりなさい』と周りに言われるものを、好きになってるんですよ」とミシェル夫人は述べ、多くの女性が周囲の影響でトランプ氏に投票したのだろうという見方を示した。

さらに、昨年11月の時点で多くの米国人が、「(トランプ氏の)言葉の方が自分にとって本物だと判断した」からこそ、トランプ氏が勝利したのだろうと指摘した。

その上でミシェル夫人は、トランプ政権の成功を願っていると強調した。「自分たちはこの国に暮らしているのだから、現職大統領の成功を願っている。この国の最高司令官、投票で当選した人なのだから」。

昨年の大統領選でオバマ夫妻はクリントン氏を応援して活動。選挙中にミシェル夫人は、クリントン氏を罵倒する対抗勢力について、「向こうが低く落ちるなら、私たちは高みを目指します」と反論していた。

オバマ夫妻は昨年3月、それぞれ別個に自伝を執筆するとペンギン・ランダムハウスと合計6500万ドル(約73億円)で契約している。

ミシェル夫人は27日のイベントで、自伝を書きながら2016年大統領選についても「色々と頭の中で考えている」と話した。「ここ8年で初めて、もしかすると10年で初めて、じっくり振り返って、すべてのことの意味を考える、いいチャンスです」。

自分たち夫妻は、「品位ある指導者」としてふるまう姿勢が自分たちが国に残すことだと自覚するようになったと、ミシェル夫人は付け加えた。

大統領選中の昨年2月、マデリン・オルブライト元国務長官はニューハンプシャー州の支持者集会でヒラリー・クリントン氏を紹介するにあたり、「女性同士助け合わない女性には、地獄に特別な場所が用意されてますよ!」と呼びかけ、強く非難された。オルブライト氏は後に発言を謝罪している。

(英語記事 Michelle Obama scolds female Trump voters

提供元:http://www.bbc.com/japanese/41423961

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る