BBC News

2017年10月25日

»著者プロフィール

レックス・ティラーソン米国務長官が今週アフガニスタンを初訪問し、アシュラフ・ガニ大統領と会談した際の写真が修正されていた様子だ。24日までに明らかになった。会談は首都カブールで行われたと当初発表されていたが、実際は何キロも離れた米空軍基地内だったことが分かっている。

修正前の写真には、窓のない部屋の中で着席したティラーソン長官とガニ大統領の頭上に、米軍の時計と赤い火災報知機が写っている。

しかし、アフガニスタンの大統領府が出した報道向け資料には、時計や火災報知機だけが取り除かれた同様の写真が使われ、ガニ大統領がティラーソン長官の「訪問を受けた」と書かれている。

当初、米国とアフガニスタン双方が会談はカブールで行われたとしていたが、米国務省はその後、場所はアフガニスタン国内で最大の米軍施設、バグラム空軍基地だったと訂正した

駐アフガニスタン米国大使館からの報道向け資料には、両氏の頭上の壁部分が除かれた写真が含まれている。

しかし、大使館がツイッターに投稿した別の写真には、壁の時計と火災報知機がはっきりと写っている。米紙ニューヨーク・タイムズは「場所が米軍施設だったと、ばらしてしまったことになる」と指摘した。

時計には、米軍関係者が「ズールー」という通称で呼ぶ世界標準時(GMT)と米東部時間が表示されている。

しかし、アフガニスタン政府の写真では、時計や火災報知機は写っていない。ニューヨーク・タイムズが取材した専門家は、写真が修正されているのは「疑いの余地がない」と断定した。米国とアフガニスタンのいずれも、写真の違いについて説明していない。

同紙によると、ティラーソン長官がアフガニスタンに滞在した時間はわずか2時間で、治安への懸念が高まるなか、訪問終了まで情報は公開されなかった。

9月にジェームズ・マティス国防長官がカブールを訪問した際には、反政府勢力タリバンが空港にロケット弾を撃ち込んでいる。

(英語記事 Tillerson in Afghanistan: Photo of meeting apparently doctored

提供元:http://www.bbc.com/japanese/41745655

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る