BBC News

2017年10月27日

»著者プロフィール

ジョン・サドワース記者、BBCニュース(北京)

謝燕益(シェ・ヤンイー)弁護士は繰り返し当局から身体を痛めつけられたが、何より耐えがたかったのは肉体的な苦痛ではなかった。

午前6時から午後10時まで低い椅子にしゃがみ込む、負荷のかかる姿勢をとらされた。

このような体勢を15日間続けると、足の感覚がなくなり、排尿もしづらくなったと謝さんは話す。

食べ物を与えられず、「十数時間も」厳しい拷問を受けた時もあったという。

謝さんは殴られた。

寝ている間にも監視された。看守たちは、一晩中同じ姿勢で寝るよう謝さんに命令した。

しかしこうした身体的苦痛よりも何より耐え難かったのは、独房に入れられたことだという。

「小さな部屋に1人閉じ込められ、半年間、太陽の光を見なかった。読むものも、することもなく、ただあの低い椅子に座っていた」

「普通の人は、あの状況にいればおかしくなる。世界から隔離されていた。あれは拷問だ。隔離されるのは殴られるよりも痛みが大きい」

真偽を確認するのは不可能だが、謝弁護士の話は、他の被害者の話と一致している。いずれも、習近平国家主席が就任して最初の5年間で始めた、いわゆる「法との戦い」の被害者だ。

ただし謝弁護士の場合、直接本人から話を聞いているというのが、珍しい。

拘束された他の弁護士と同様、謝さんは釈放後に外国メディアに話をしないよう警告されたが、無視した。

謝さんは、「この取材を受けるのは危険かもしれない」と話す。

「けれども声を上げることが自分の責任だと思う。やるしかない。何をどう考え話すからと人を逮捕する、そんな社会は受け入れられない」

中国の「法との戦い」

中国ではただでさえ人権活動家が厳しい状況に置かれていた。そこへ来て習体制1期目の2015年半ばになると、弁護士や活動家の摘発が始まった。

今回の共産党大会で2期目に就任し、権力基盤を固めた習主席にとって、この「法との戦い」は特に後ろ向きな、負の側面となっている。

弁護士や弁護士助手、活動家たち合わせて300人以上が尋問を受け、20人以上が正式な捜査対象となった。

それから2年。長期刑に服している人もいれば、いまだに刑の言い渡しを待たされている人もいる。少なくとも1人は、完全に行方が分からなくなった。

謝弁護士は他の摘発された弁護士たちと同様、主に当局者の汚職、警察暴力、あるいは信仰迫害などデリケートな事件を担当してきた。そのため、嫌がらせや暴行は常に仕事の一部だった。

謝さんはまた、平和的な民主化を大胆に提唱し、国家主席退任後も中央軍事委員会に留まった江沢民・元国家主席に対して訴訟を起こした。

しかし状況が劇的に悪化したのは、今の国家主席になってからだという。

2012年の前回共産党大会で習体制になって間もなく、漏えい文書がネット上に出回り始めた。共産党支配にとって脅威となる7つの主要なイデオロギーをまとめた内容で、中国の大学やメディアでその7つの思想を広めることを禁じていた。

中国共産党指導部に近い部局が作成したこの文書が禁止したイデオロギーには、「欧米式立憲民主主義」や「普遍的価値」、「市民社会」などが含まれた。

今にして思えば、この文書はそれ以降の方向性を示していたと言える。

習主席の下で、市民が意見交換できる内容の範囲が狭まり、メディア管理が強化され、外国組織や慈善団体の規制が追加された。またインターネットの検閲、そして今回のような人権弁護士への抑圧が強まった。

砕かれた望み

もともとは、こんなはずではなかった。

欧米諸国は何十年も前から、中国との貿易拡大によっていずれ中国に政治改革がもたらされるだろうと言い続けてきた。

米国のジョージ・W・ブッシュ元大統領はかつて対中関係に関する演説で、「経済的自由が自由の習慣を生み出す」と述べた。

そして、その期待が実現しているように見えた時期もあった。

習近平氏が将来の指導者として有力視されるようになった2007年の共産党大会に先駆けて、国営メディアはためらいつつもオープンに、政治の段階的は変化を話題にしていた。

楽観的な見方がすでに消えつつあった2012年党大会の頃でさえ、民主化の手段として司法の独立と権利章典の成立を求める、公開書簡や陳情書が提出されたていた。

今現在そのような要望書に署名できるのは、よほど勇気ある学者や記者、ないしは弁護士だけだろう。

批判=フェイクニュース?

中国の国営メディアは少なくとも1件、人権弁護士の拷問の報告を「フェイクニュース」として切り捨てた。海外メディアの拷問報道については、後ろ向きな記事を書くのに「非常に熱心だ」と責めた

しかし、外国の中国ウォッチャーでさえ、中国の高層ビルや高速鉄道、拡大を続ける膨大な中産階級の希望に圧倒されがちだ。

わずか数人の人権派弁護士や活動家がどれだけ厳しい状況にあっても、それは本当に大事なことではないと思えたりするのかもしれない。

しかし謝弁護士たちが中国当局に拷問されたという証言は、非常に重要な問題提起となるべき内容だ。

大国となった中国は、影響力を拡大させ、自信をどんどんつけている。しかし今の中国には、世界で指導的な立場の経済大国となるための前提条件だと従来思われてきた、政治的自由が何もない。

国民14億人へのメッセージは明確だ。中国の人たちは、「中国共産党の権威にあえて反抗する前によく考えろ。たとえ共産党が仕切る裁判所の中でだろうと、何か言う前によく考えろ」と釘を刺されているのだ。

「目を覚まし行動を」

謝弁護士は1年半にわたり拘束された後、保釈された。

しかしまだ監視や脅迫から自由になったわけではない。

8月下旬に謝さんのインタビューを撮影し終わってしばらく後に、当局者が謝さんを訪問し、再び警告していった。

この時の警告はより具体的だった。中国共産党にとって最大かつ最も神聖な集会、つまり党大会の準備を乱すようなことは一切するな、という内容だった。

謝さんの身の安全を考慮して、私たちは中国共産党大会が終わるまでこの記事の公開を遅らせた。

インタビューの撮影そのものも、不穏な状態で行われた。謝さんの集合住宅が、12人ほどの男性に取り囲まれたのだ。

外の男性たちを窓からのぞきながら、私は謝さんに尋ねた。3人の子を持つ父として、しばらくは目立たないよう静かにしている方がいいのではないかと。

「私はいつも静かです」という返事が返ってきた。

「私の家族は誰に対しても親切だ。私たちは常に分別をわきまえ、穏やかに行動している」

「私たちは法を尊重する市民だ。法的権利を行使している。私たちは全ての人が尊厳ある生活を送り、互いを尊重し、法の原則に従って生きられることを願っている」

BBCの取材陣が退出すると、先ほどの男性たちが私たちの車を囲み、窓を叩き、ドアを開けるよう怒鳴った。

私たちは車外に出ることを拒否したが、最終的に、警察が到着した。

1時間ほど足止めされた後、その場を離れてもいいと言われた。

行ってもいい。自由だ。このようなぜいたくは、習体制の中国において、人権派弁護士やその家族には与えられない。

あえて政府の邪魔をしようとする者はだれだろうと。

(英語記事 China lawyer recounts torture under Xi's 'war on law'

提供元:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-41773041

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る