BBC News

2017年10月31日

»著者プロフィール

2016年米大統領選中にドナルド・トランプ陣営の外交顧問だった人物が、ヒラリー・クリントン氏に不利な情報をめぐり昨年春にロシア政府関係者と会談していたことが、司法省の訴状で30日に明らかになった。トランプ陣営とロシア当局との接触に関わったことを正式に認める人物が、ロバート・ムラー特別検察官によって初めて訴追された。

訴状によると、ジョージ・パパドプロス被告はトランプ陣営の外交顧問だった2016年3月から同4月にかけて、ロシア政府とつながりのある複数人物と、クリントン候補(当時)に「泥を塗る」「数千通のメール」について会談していた。今年1月に連邦捜査局(FBI)の事情聴取を受けた際、被告は会談の時期をトランプ陣営に加わる前だったと嘘をついた。7月末にワシントンのダレス空港で逮捕され、10月5日に捜査妨害の罪状を認めたという。

パパドプロス被告とは別に、トランプ米大統領の元選対本部長だったポール・マナフォート被告も同日、大統領選とは直接関係のないウクライナとの関与をめぐる資金洗浄の共謀など罪状12件で正式起訴された。

マナフォート被告の訴追の方が当初は注目されていたが、パパドプロス被告の罪状は、トランプ陣営の選挙戦に直接関与するものなので、大統領自身に打撃を与える可能性があると、複数の専門家は指摘している。

トランプ氏が大統領選中の昨年4月1日に「国家安全保障会議」と題してツイートした写真にも、パパドプロス被告が写っている(左から3人目)。

パパドプロス被告は、シカゴを拠点に国際エネルギー取引を専門とする弁護士。ロシア政府とつながりがあると思った人物2人と、トランプ陣営参加後に会談していたことを、逮捕後にFBIに認めた。

司法省の訴状によると、2人のうち1人は、「ロシア政府関係者と陣営関係者」の会談を仲介できるかもしれない匿名の女性。もう1人は、ロンドンを拠点にした大学教授で「ロシア政府関係者と相当のつながり」があると思われていた匿名の人物だった。

訴状によると、この「大学教授」がパパドプロス被告に興味をもったのは、トランプ陣営内でそれなりの地位にあったからで、それ以外の理由はなかった。

昨年4月26日ごろにロンドンのホテルで朝食をとりながら会談した際、この教授は被告に、ロシアがクリントン氏について「数千通のメール」の形で「泥」を持っていると話したとされる。教授は、問題のメールについてモスクワでロシア政府幹部から知らされたと説明したという。

元選対本部長とロビイストも起訴

昨年夏までトランプ陣営の選対本部長だったポール・マナフォート被告と、その知人でロビイストのロック・ゲイツ被告も30日、米国に対する共謀や資金洗浄共謀などの罪状12件で正式起訴され、出頭を命じられた。2人はワシントンの連邦地裁に出廷し、12件についていずれも無罪を主張した。

連邦地裁は両被告に自宅軟禁を命令。マナフォート被告には保釈金1000万ドル、ゲイツ被告には同500万ドルの支払いを命じた。

司法省が発表した起訴状によると、両被告は2006年から2017年にかけて司法省や財務省の公務を妨害し、米国に不利益をもたらすよう共謀したほか、2006年から2015年にかけてウクライナの親ロシア派政治家、ビクトル・ヤヌコビッチ前大統領とその政党の「未登録代理人」として活動。オフショア口座を使った巨額の資金洗浄を共謀して私腹を肥やした罪や、外国組織の代理人として未登録のまま活動した罪なども含まれる。

ヤヌコビッチ氏は2014年に親ロシア政策を攻撃されて失脚した。

マナフォート被告の弁護士ケビン・ダウニング氏は地裁前で会見し、被告の無実を主張した。「資金を米国政府から隠すために、オフショア口座を使って資金を全て米国に持ち込むなど、馬鹿げた話だ」。

ゲイツ被告は、300万ドル以上をオフショア口座から他の口座に送金したとされている。

ホワイトハウスの反応は

ホワイトハウスのサラ・サンダース大統領報道官は、トランプ選対におけるパパドプロス被告の役割は「非常に限定的」なものだったと述べた。

「ボランティア的立場」で、「正式な形での活動は何もしていない」と報道官は主張した。

報道官はさらに、マナフォート被告に対する罪状はいずれも、トランプ選対とは関係のないものだと述べた。

ロシアの選挙介入については、むしろクリントン選対に注目すべきだと強調し、「これまでも何度か繰り返してきたように、本当の結託スキャンダルはどれもクリントン陣営とフージョンGPSとロシアだ」と述べた。

「フージョンGPS」とはワシントンの民間リサーチ会社。ロシア情報当局がトランプ氏について問題情報をつかんでいるという、いわゆる「スティール文書」の作成を、当初はトランプ氏に敵対する共和党系組織から請け負った。米紙ワシントン・ポストなどによると、クリントン陣営と民主党全国委員会も2016年4月に弁護士事務所を通じて、この資料作成に資金を提供した。

(英語記事 Trump adviser George Papadopoulos lied about Russian links

提供元:http://www.bbc.com/japanese/41812823

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る