WEDGE REPORT

2017年11月6日

»著者プロフィール

年内に消滅へ

 当のISはシリアとイラクの戦場で、本当に追い詰められている。シリアではISの首都ラッカが陥落した後、次々に拠点を失い、11月3日にはアサド政権軍とシーア派武装組織ヒズボラがIS支配下の最後の都市、デリゾールを制圧した。

 大きな拠点として残っているのは、交通の要衝でイラクとの国境の町ブカマルだけだ。ブカマルと国境をはさんでイラク側にある町カイムはすでにイラク軍に奪還されており、ISの「残党勢力数千人」(米軍発表)は国境地帯の砂漠に追い立てられている。

 アサド政権軍や米軍は捕虜を抱えないよう、ほとんど皆殺し作戦を取っているようで、ISは完全に進退窮まった状態だ。このまま推移すれば、組織としてのISは年内に消滅することになるだろう。
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る