BBC News

2017年11月7日

»著者プロフィール
世界で最も多額の利益を上げている米アップルが、2013年に巨額の節税行為が問題視された後も新たな仕組みを秘密裏に作り上げていたことが、タックスヘイブン(租税回避地)に関する大量の流出資料「パラダイス文書」の中から明らかになった。アップルは、違法行為は何もないと主張し、自分たちは依然として世界最高額の納税をしている企業だと指摘している。

 

この記事は、公開期間が終了しました。


以下のリンクにて、記事の本文をご覧いただけます。
(※「BBC NEWS JAPANのサイトが開きます。)
2207

 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る