海野素央の Love Trumps Hate

2017年11月13日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

アラべラちゃんでトランプを落とした中国

 9日夜の晩さん会で、大型スクリーンに伝統的なチャイナドレスを着て、中国語で歌を歌うトランプ大統領の孫娘アラべラちゃんが登場しました。トランプ大統領が、彼女の歌に聞入る様子がネットで確認できます。軍隊歌手であった習主席の彭麗媛夫人が、笑顔で隣席しているアラべラちゃんの父親ジャレット・クシュナー大統領上級顧問に語りかけている様子も、カメラが捉えていました。

 アラべラちゃんの歌が終わると、トランプ大統領は満面の笑みを浮かべて拍手をしている姿がはっきりと映っています。一方、微笑んでいるメラニア夫人も観察できます。中国はアラべラちゃんを「米中の友好の獅子」「米中関係のメッセンジャー」と呼んで、トランプ大統領を中国に引きつけることに成功しました。

 孫娘まで投入して、トランプ大統領の心理を突いた中国の「戦略的おもてなし」は、間違いなく高得点を上げました。同大統領の孫娘を政治的に利用したと批判することもできますが、中国の狙いは的中しました。

中国の思うツボ

 かつて筆者は、都内の米国企業でリスク・マネジメントのアナリストとして活躍している中国人女性を対象に、中国式の衝突と対処法に関してインタビューを行ったことがあります。このアナリストは、次のように語っていました。

「相手に自分が妥協したという意識を持たせずに、棒で糊を混ぜるように上手に相手を変えていくのです。相手を快適にさせ、意思を弱め、強く主張できなくなるようにさせるのです。そのようにして、相手から少しずつ無意識の譲歩を引き出し、最終的には相手を自分の立場に近づけるのです」

 トランプ訪中で中国側がみせたトランプ対処法は、正にこのやり方でした。音楽隊による盛大な歓迎式典、京劇観賞、29兆円の商談からアラべラちゃん投入まで、あの手この手を使って中国側はトランプ大統領を快適にさせて、懸念の対中貿易赤字の問題で強く主張できなくすることに成功を収めたのです。

 その結果、トランプ大統領との衝突を上手にかわすことができました。今回の訪中は、中国の狙い通りだったと言えるでしょう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る