韓国の「読み方」

2017年11月13日

»著者プロフィール
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、前ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15年5月から論説委員。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著『LIVE講義 北朝鮮入門』(10年、東洋経済新報社)を大幅に改訂した『新版 北朝鮮入門』(東洋経済新報社)を17年1月に刊行予定。

韓国への「そんたく」押し付けが狙いか

 2週間の間に繰り広げられた中国と韓国の関係を巡る一連の動きは、数年前に韓国の中国専門家と交わした会話を私に思い出させた。米軍によるTHAAD配備検討が表面化し、中国が強い反発を始めていた2015年初春のことだった。中国は韓国に対して強い政治的プレッシャーをかけ始め、韓国は「米国と協議すらしていない」と釈明に追われていた時期だ。

 当時の朴槿恵政権に近かったこの専門家は、THAADが中国の安全保障を脅かすという主張は中国側の本音とは違うのではないかと指摘した。中国はこの問題で韓国を揺さぶることで、米韓同盟がどれくらい堅固なものかテストしようとしている。それに加え、中国の国益に関係するような事柄については韓国が勝手に決めるのではなく、中国の考え方を踏まえた政策決定をすべきだという前例を作ろうとしているのではないか。日本で最近よく使われる表現を使うなら、「韓国にそんたくさせる」ことを常態化しようとしているのではないか。それが、彼の見立てだった。

 新華社通信が10日の中韓首脳会談について配信した記事には、次のようなくだりがあった。まさに「そんたく」を韓国に迫ろうとするかのような発言だ。

 習近平主席は次のように強調した。中韓関係はいま、とても重要な時期にある。双方は互いの核心的利益と重大な関心事項を尊重しなければならず、政治的な相互信頼を守らなければならず、意思疎通と調整を強化しなければならない。重大な利害関係問題で双方は共に歴史に責任を負い、中韓関係に責任を追い、両国国民に責任を負う姿勢で、歴史の試練に耐えうる意思決定をすることによって中韓関係が常に正しい方向に、安定して遠くまで行けるようにしなければならない。習主席はそう強調しながら、THAAD問題での中国の立場を改めて表明した。

 朝鮮半島の国家と日本はそれぞれ、中国との長い交流の歴史を持っている。地理的関係が全く違うから中国に対する見方や、中国との付き合い方に大きな違いが出ることは避けられない。どちらが正しいというようなものではないのだが、韓国の方が難しい外交を強いられていることは確実だろう。

 中韓首脳会談を受けた朝鮮日報の社説は「報復も中国が一方的に行い、関係正常化も中国が報復を撤回することだけでなされるのなら、国家と国家の正常な関係だと言えない」と批判した。当然の主張であり、韓国内にもこうした声が根強くあることは知っておくべきだ。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る