BBC News

2017年11月29日

»著者プロフィール

北朝鮮の国営・朝鮮中央テレビ(KCNA)は29日正午(日本時間午後0時半)、米本土に到達可能な新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星(ファソン)15」の発射を同日未明に成功させたとする政府声明を伝えた。

KCNAが「重大報道」として伝えた政府声明は、「核武力完成の歴史的大業」を実現したと表明した。超大型重量級の核弾頭装着が可能な「最強ミサイル」の「火星15」によって、米本土全域が攻撃できるようになったという。

最高指導者の金正恩・朝鮮労働党委員長が発射命令を下し、29日未明に現地を視察したという。

KCNAは、「ついに国の核武力の完成という歴史的大業、ロケット大国建設の偉業が実現したと、(金委員長が)誇り高く宣言した」と表明。さらに北朝鮮が「責任ある核保有国として、そして平和を愛する国として」、「世界の平和と安定を守る高貴な目的に尽くすため、できる限りのあらゆる努力をする」と強調した。

北朝鮮は、自国の武装は「米帝国主義者の核による脅迫政策」に対抗する防衛手段であり、北朝鮮の国益が侵害されない限り「いかなる国に対しても脅威とはならない」ことを、「厳粛に宣言する」と述べた。

韓国軍によると、ミサイルは高度4475キロに達し、53分をかけて960キロ飛行した後、日本海に落下した。

日本政府によると、鋭角に発射されたミサイルは日本上空を通過せず、青森県から約250キロ西に落下した。

今回のミサイル発射を受けて、米国や日本などが国連安全保障理事会の緊急会合を要請。安保理は近く会合を開く見通し。

北朝鮮側の声明に先駆けて、ジェイムズ・マティス米国防長官は、発射された大陸間弾道ミサイルの高度はこれまでで最も高く、世界全体への脅威だと述べた。

ホワイトハウスによると、大統領はミサイルが飛行中に報告を受けた。後に大統領は「自分たちが対応する」と述べたという。

本当に米本土に届くのか

米国を拠点とする「憂慮する科学者同盟」によると、通常の軌道で発射されていた場合、今回のミサイルは1万3000キロ以上飛行した可能性がある。つまり、「米本土のどこでも」到達可能だったことになる。

ただし、ミサイルの弾頭はきわめて軽い模擬弾頭だった可能性が高く、それよりはるかに重い核弾頭をそれほどの距離にかけて運ぶことはできないのではないかという。

北朝鮮は今回の「火星15」が超大型重量級の核弾頭を搭載できると主張しているが、小型化された核弾頭のミサイル装備に成功したという証拠はこれまで示していない。また目標にまで確実にその核弾頭を届けられるという裏付けも示していない。

ただし、北朝鮮の核技術が急速に進歩していることから、長距離の飛行可能な核弾頭の小型化に成功している可能性は排除できないという専門家も複数いる。

(英語記事 North Korea 'tested new long-range missile' that can reach US

提供元:http://www.bbc.com/japanese/42162132

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る