BBC News

2017年12月15日

»著者プロフィール

英国軍制服組のトップは14日、海底に走る通信やインターネットのケーブル網に対し、ロシアが新たな脅威になっていると警告した。

英空軍参謀総長であり国防参謀総長でもあるスチュアート・ピーチ大将は防衛シンクタンク、王立防衛安全保障研究所での講演で、英国および北大西洋条約機構(NATO)は通信回線の保護を最優先とする必要があると述べた。

ピーチ大将は、回線が切断されたり破壊されたら、経済が「即座に、また破滅的な可能性のある」打撃を受けると話した。

ケーブルは海底に縦横に敷き詰められ、各国間や大陸間の情報通信を支えている。

ピーチ大将は講演で、海底に敷かれている回線の脆弱性は、「我々の暮らし方に新たなリスク」もたらすと指摘した。

「原子力と従来型両方の潜水艦や船舶について、ロシア海軍が進める近代化の脅威に対し、英国および大西洋の同盟国は、海底の通信網を守る使命と任務を優先事項とした」と述べた。

「これは過去の任務の繰り返しのように聞こえるが、実際は今から言うように、北大西洋条約機構にとって、この任務の重要性を理解するのは極めて大事だ」

「ロシアは新しい軍艦や潜水艦のほか、引き続き非従来型の能力や情報戦争能力を最大限に高めようとしているからだ」

ピーチ氏は、英国とその同盟国が「ロシア艦隊の近代化に遅れをとらず、理解する」必要があるとも述べた。

「我々の生活への新たな脅威がある。それは、海底を縦横に走るケーブルの脆弱性だ」とピーチ氏。

「このようなケーブルが切断されたり、遮断されたりする状況を想像してほしい。我々の経済にもそのほかの生活にも、即座に、また破滅的な可能性のある影響を及ぼす」

英下院のリシ・スナク議員は今月、英国の海底通信ケーブル網が攻撃されると、英国の安全保障や経済に「非常に深刻な打撃」を与える可能性があると警告した。

(英語記事 Russia a 'risk' to undersea cables, defence chief warns

提供元:http://www.bbc.com/japanese/42363258

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る