BBC News

2018年1月8日

»著者プロフィール

米ロサンゼルスで7日、ハリウッド外国人映画記者協会がテレビ、映画の優秀作品を選ぶゴールデングローブ賞の授賞式が開かれた。例年は華やかな色のドレス姿が居並ぶ会場は、今年は性暴力被害者との連帯を示す黒衣姿の女優たちであふれた。テレビドラマ部門の作品賞には、近未来の独裁国家による女性の抑圧を描く話題作、「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」が選ばれた。

式典に出席した女性の多くは、性的加害行動とその容認や沈黙を糾弾する「タイムズ・アップ」運動を支持し、被害者との連帯を示すため、黒いドレスを着ていた。多くの男性も黒いスーツに黒いシャツとネクタイで黒一色にするか、ないしは「タイムズ・アップ」などのピンバッジをつけていた(以下、特に記述がなければ名前は写真左から)。

「アウトランダー」のカトリオーナ・バルフェさん、「ウィル・アンド・グレース」のデブラ・メッシングさん、「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」のイボンヌ・ストラホフスキさんも、黒いドレスで登場。

歌手ケリー・クラークソンさん、「This is Us」のマンディ・ムーアさん、「ゲット・アウト」のアリソン・ウィリアムズさんのように、黒に少し色を足した人たちもいた。

エンターテインメント業界の性的加害行動や性の不平等と闘う、「タイムズ・アップ」や「50:50」運動のピンやバッジをつけた人も大勢いた。上の写真では、「ストレンジャー・シングス」のデイビッド・ハーバーさん(左)とウィリアム・H・メイシーさんが「タイムズ・アップ」のピンをつけているほか、「ザ・クラウン」のクレア・フォイさん(中央)が「50:50」のバッジを袖口につけている。

ジェシカ・チャステインさん、ジリアン・アンダーソンさん、ミリー・ボビー・ブラウンさんは黒一色を選んだ。

ケイト・ハドソンさん、アリシア・ビキャンデルさん、リリー・ジェイムズさんも黒いドレスだった。

ザック・エフロンさん、アビー・コーニッシュさん、アンセル・エルゴートさんも黒一色を着て連帯を示した。

ドイツ人女優のベロニカ・フェレスさん、エマ・ストーンさんとストーンさんが演じたテニスの女王、ビリー・ジーン・キングさん、シャロン・ストーンさんも黒を選んだ。

自分を題材にした映画が話題の元フィギュアスケート選手、トニア・ハーディングさん、マギー・ジレンホールさん、レナ・ヘディさんも抗議に参加。

リーズ・ウィザースプーンさん、エバ・ロンゴリアさん、サルマ・ハイエックさん、アシュリー・ジャッドさんも黒で連帯を示した。

アンジェリーナ・ジョリーさんと息子のパックスさん、性暴力被害者に連帯を示す「#MeToo」運動を2006年に立ち上げた人権活動家タラナ・バークさんと並ぶ女優ミシェル・ウィリアムズさん、アメリカ・フェレ-ラさんとナタリー・ポートマンさんも、黒い盛装だった。

ニコール・キッドマンさん(右)と夫でミュージシャンのキース・アーバンさんも黒の装いで連帯を示した。

ゴールデングローブ賞の映画部門は、アカデミー賞の前哨戦とも言われる。マーティン・マクドナー監督・脚本、フランセス・マクドーマンド主演の「スリー・ビルボード」が映画(ドラマ)部門の最優秀作品賞と脚本賞、主演女優賞、助演男優賞を受賞。映画(コメディ・ミュージカル)部門では「レディ・バード」が最優秀作品賞で、シアーシャ・ローナンさんが主演女優賞を得た。最優秀監督賞には「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロ監督が選ばれた。

テレビドラマ部門では、女性が一切の人権を奪われ「産む機械」にされる近未来の神権独裁国家を描き、社会現象ともなっている「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」が、最優秀作品賞と主演女優賞を獲得した。

モスさんは受賞スピーチで、「私たちはもはや物語の隙間に生きているわけではありません。私たちこそが出版される物語で、私たち自身がその物語を書いているのです」と、立ち上がり発言する女性たちにエールを送った。

テレビドラマ部門の主演男優賞には、「This is Us」のスターリング・K・ブラウンさんが史上初の黒人男性として選ばれた。ブラウンさんは、俳優としてこれまでずっとどの人種の人間が演じても構わないが黒人がやったら面白いだろうというキャスティングのおかげで役を得てきたが、今回は黒人男性でなければ演じられない役を与えられ、そのおかげで「自分が自分として見てもらえて、自分の自分らしさに価値を見出してもらっている。そしてその分だけ、僕を軽んじたり、僕のような外見の人を軽んじることがやりにくくなった」と、製作陣に感謝した。

映画界への長年の功績をたたえる「セシル・B・デミル賞」を、黒人女性として初めて受賞した人気司会者・女優・実業家・プロデューサーのオプラ・ウィンフリーさんもやはり黒いドレス姿で登場。自分は独裁や抑圧と戦い、真実や自由と平等のために戦うと強調した受賞スピーチで、差別に抵抗してきた黒人や女性を次々と称え、「#MeToo」運動への連帯を強力に示した。

(英語記事 Golden Globes 2018: Stars wearing black on the red carpet

提供元:http://www.bbc.com/japanese/42600676

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る