BBC News

2018年1月8日

»著者プロフィール

米サイバー・セキュリティー企業、マカフィーは6日 、ハッカーたちが平昌冬季五輪の関連組織から機密情報を盗もうとしたことを明らかにした。

マカフィーによると、マルウェア(悪意のあるプログラム)が添付されたメールが昨年12月、平昌五輪の関連組織に送信されたことが分かった。

誰によるハッキング攻撃かマカフィーは特定していないが、平昌五輪に関連して今後も攻撃が起こる可能性があると指摘している。

これまでの同様の攻撃では、ハッカーたちがパスワードや財務データを取得しようとしたことがある。

幅広く対象に

マカフィーによると、複数のアイスホッケー関連組織など五輪に関わる多数の組織が、悪意のあるメールを受信した。

マカフィーは、「大多数の組織は、インフラを提供したり、大会開催を支援するなど、五輪と何らかの関連があった」と説明している。

「攻撃する側は対象を幅広く設定して、活動しているようだ」

メールはシンガポールのIPアドレスから送信された。受信者に、コリア語の文書を開くよう指示している。当時対テロ訓練を行っていた韓国政府の対テロセンターから送られたメールを装っていたという。

テキストや画像にマルウェアを潜ませる、「ステガノグラフィ」という手法を使っていたケースもある。

米カリフォルニア大学の研究チームは昨年10月、大規模なスポーツの行事がサイバー攻撃に狙われるだろうと指摘。マカフィーは今回、同じように警告している。

「もうすぐ始まる五輪大会では、五輪に関連するテーマを使ったサイバー攻撃が増加するだろう」

平昌冬季五輪をめぐっては、北朝鮮の参加を協議するため、2年1カ月ぶりの南北会談が予定されている。

9日に実施予定の南北閣僚級会談に、北朝鮮は出席する意向を示している。会談では主に、平昌冬季五輪に北朝鮮選手団がどうすれば参加できるか、方法を話し合う見通し。

(英語記事 Winter Olympics targeted by hackers says security firm

提供元:http://www.bbc.com/japanese/42601356

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る