世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2018年2月15日

»著者プロフィール

 1月20日、トルコ軍は、シリアの反政府武装勢力「シリア自由軍」とともに、シリア北西部のアフリンへの軍事攻撃「オリーブの枝作戦」を開始した。アフリンは、シリアのクルド人武装組織YPG(人民防衛部隊)の拠点であり、YPGはトルコがテロ組織とみなすPKK(クルディスタン労働者党)と連携関係にある。今回の侵攻は、米国がシリアの北部のロジャヴァ地方にクルド人中心の3万人規模の国境警備隊を組織、配備することを表明したとの報道を受け、トルコがそれへの対抗として機先を制する形で開始したものである。

(iStock.com/audumbla/aliunlu/michalz86/MartaJonina/Fourleaflover)

 米国はISISとの戦いでYPGを支援、連携してきたが、トルコはそれに強く反発してきた。今回の作戦が、米国とトルコの間の緊張関係をさらに高めることは間違いない。

 この件をめぐり、1月24日、トランプ米大統領とトルコのエルドアン大統領は電話会談を行った。ホワイトハウスの発表によれば、概要は次の通りである。

 トランプ大統領は、アフリンでの暴力のエスカレーションが我々のシリアにおける共通の目標をダメにすることへの懸念を伝えた。トルコに、事態の鎮静化、軍事行動の制限、文民犠牲者の回避等を求めた。両国軍の衝突につながるいかなる行動も避けるよう、自制を促した。両国はISIS打倒の共通の目的のためにすべての当事者に焦点を当てなければならない。両大統領は、10万人以上のシリア難民の帰還を歓迎し、シリア難民の帰国支援において協力を続けることを約束した。

 トランプ大統領は、トルコの正当な安全保障上の懸念に対処するためのより緊密な二国間協力を提案した。両首脳は、トルコを含む近隣国に脅威を与えない統一シリアを安定させる必要性につき協議した。トランプ大統領は、トルコの破壊的で誤ったレトリック、長期化する非常事態宣言下での米国民および現地雇用者の拘留にも懸念を表明した。両首脳は、米国とトルコの戦略的パートナーシップの改善を約束した。特に、地域の安定、PKK、アルカイダ、イランが支援するテロを含む、あらゆる形態のテロとの戦いの強化である。

 “Readout of President Donald J. Trump’s Call with President Recep Tayyip Erdogan of Turkey”(White House, January 24, 2017)

関連記事

新着記事

»もっと見る