前向きに読み解く経済の裏側

2018年2月12日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。主に調査関連部署に勤務した後、2005年に銀行を退行して久留米大学へ。著書に『増補改訂 よくわかる日本経済入門』(朝日新書)、『老後破産しないためのお金の教科書』(東洋経済新報社)、『世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書』(宝島社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)など多数。

株の世界は何が起きても不思議はないが・・・

 今後の米国経済が概ね順調に拡大を続けそうだ、という経済のファンダメンタルズから見れば、今の株価は概ね妥当であり、株価が下げ止まる可能性は高いと思われます。しかし、株価はファンダメンタルズだけで動くわけではないので、株価が今後も暴落する可能性も否定できません。

 可能性としては、株価下落に伴って「信用買いをしている投資家が追証を求められて保有株を投げ売りする」「ファンドマネージャーが社内ルールで損切りをさせられる」といった「売りたく無い売り」が増加するかもしれません。また、プログラム売買には「株価の変動が大きくなったら、売れ」といった物もあるかもしれません。そうした売りを見越した投機家たちの先回り売りで株価が一層下落するかもしれません。

 もっとも、今回はバブル崩壊時とは異なり、「山高ければ谷深し」ではないので、値下がりには限度がある、と筆者は考えています。ファンダメンタルズが傾くほどの大規模な株価下落が起きるとは考えにくいでしょう。

 「市場が壊れる」のを初めて見る初心者は、「この世の終わり」を予感して、投げ売りをする場合も少なくありませんが、筆者はこの世の終わりは予想していないので、投げ売りはオススメしません。もちろん、投資は自己責任ですから、初心者であっても最後の結論は各自の判断でお願いしたいですが(笑)。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る