WEDGE REPORT

2018年3月13日

»著者プロフィール
著者
閉じる

荻野みどり (おぎの・みどり)

株式会社ブラウンシュガーファースト 代表取締役社長

福岡県出身。2011年第一子を出産。娘が4カ月のときにお菓子ブランド“BROWN SUGAR 1ST.”を立ち上げた。地元福岡の障がい者福祉施設やママたちにお菓子を作ってもらい、東京・青山の国連大学前のファーマーズマーケットで販売をスタート。製造・販売する中で、原材料としての油脂選びの大切さに気づき、バターやマーガリン、ショートニングに代わる油としてココナッツオイルに出合い、2013年に株式会社として法人登記し、輸入・卸をスタート。ココナッツオイルブームの火付け役とも言われている。

ビジネスを循環させることの意義

 じつは「#食べ物を棄てない日本計画」をはじめてすぐの頃、Facebookで解決策を皆さんにたくさん寄せていただいたのですが、その時に圧倒的に多かった答えが「寄付」でした。「捨てるくらいなら、困っている方に食べてもらおう」というのはまったく同感なのでフードバンクに問い合わせてみたところ、賞味期限が最低でも1ヶ月以上残っていないと受け取ってもらえないことがわかりました。

 また、多くの食品メーカーが、賞味期限がまだ何ヶ月も残っているにもかかわらず、早々に見切りをつけてフードバンクに寄付していることもわかりました。企業のCSRとしてはそれでよいのかもしれませんが、それでは食料廃棄の問題に対する根本的な解決になっていないのではないかと疑問に感じました。

 賞味期限がまだ1日でも残っているうちは、きっちり商売として解決する努力を尽くしたほうがいいのではないか。せめて原価を回収することができれば、次の仕入れの資金に充てることができます。ビジネスとしてきちんと循環させることで雇用も生まれますし、フードロスのコストを商品原価に折り込まずに済むため、お客様にとってもメリットになります。

未来に豊かな食文化を繋いでいくために

 今回の廃棄食品の山の公開にあたり私がもっとも懸念しているのは、先陣を切った当社が批判され炎上してしまった場合に、他の食品メーカーがさらに蓋を閉ざしてしまうだろうということです。反対に、今回の当社の開示が世の中で好意的に理解していただけたら、他の食品メーカーも積極的に廃棄の実態をシェアしてくれるようになり、既存のサプライチェーン以外からも賞味期限の残っている商品を活用したいと申し出てくれる動きが活発化するのではないかと期待しています。

 最後に、食料廃棄について考えることは、「食とは何か」という問いに等しいと思っています。テクノロジーがより進化して合理化が進む未来に、「食」の機能的な面だけを引き継ぐのではなく、その背景にあるものに感謝するという精神も繋いでいきたい。未来にどんな食文化を繋いでいくのか、おいしくワクワク感じながら皆さんと一緒に考えていきたい。心の豊かさを育む食を残すべく、感謝しあい、状況を理解しあって、作りたい未来を語り合えたらと思っています。

■修正履歴:固有名詞の一部削除に伴い、本文を修正しました。(2018/3/15)
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る