WEDGE REPORT

2018年3月27日

»著者プロフィール

カネの出所はどこか

 今回の不倫問題については、トランプ氏側は一切否定しており、「政治的でっち上げ」(同氏の友人)という立場だ。しかし、自分を批判されたりすることにはツイッターですぐにやり返さないと我慢ができないトランプ氏がこの件に関しては、ただの一度もツイートしていない。

 中でも不審なのは、カネの出所だ。ダニエルズさんの場合、受領した13万ドル(約1400万円)はトランプ氏の個人弁護士コーエン氏のいわばポケットマネーから支払われているが、同弁護士はトランプ氏から返済を受けていないという。トランプ氏のために、13万ドルを善意で支出し、しかも同氏は全く知らないということがあるだろうか。大いなる疑問だ。

 連邦選挙管理委員会のポッター元委員長は米紙に対し、支払いはトランプ陣営に対する「献金」に相当するのではないかと述べ、今後大きな法的な問題になり得ることを指摘している。トランプ氏はこのほど、ロシアゲートへの対応を強化するため法律顧問団の再編を決めたが、新しい弁護士に利益相反の疑いが出て頓挫した。不倫問題はこうした大統領をさらなる苦境に追い込みそうである。
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る