ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2018年4月3日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

あれもダメこれもダメ・・・・じゃどうすればいいんだ!?とお嘆きのビジネスパーソンへ朗報。
同じ研究で、「糖質制限・脂質制限にかかわらず、ダイエットを始めると(いずれの方法でも)少しだけ体重は減る」ということもわかったのだ。
どうやら、ヒトというものは「あるダイエット法を始めると、それ以外のことでも体重を減らす行動をとる」ようなのだ。

ということは、もし体重を減らしたいなら、糖質制限だろうが脂質制限だろうが「とにかく始める」ことが重要である。

まずは「記録すること」から始めよう!

ここからは私の見解だが、「自分が本当にダイエットに取り組めているかどうか」は自分ではなかなかわからない。
それを客観的に知る確実な方法は「記録する」こと。
まずは、自分が飲食した物を「確実に記録すること」から始めよう。

昔なら「記録する」ためには、手帳を持ち歩いたり、寝る前にすべてを思い出して書き留めたりするなど、けっこう面倒なことであった。
でも、今は事情が異なる。
食事のたびにスマホに記録すればいい。

最も簡単なのは写真撮影。
“インスタ映え”など考えず、「撮影もれ(デザートなど)」のないようにすることが大事。
あるいは、ダイアリーやメモアプリを使う。
慣れてきたら「何を」と「どれだけ」を記録したい。

【例】
○月○日 朝 トースト(8枚切り1枚)、ジャム(1さじ)、ゆで卵(1つ)、野菜ジュース(350g)

最初のうちは「何を」だけでよい。
つまり( )の中は不要。
慣れてきたら「どれだけ(つまり量)」も記録しよう。
「記録をとるだけで痩せる」という研究もあるほどだから、きょうからさっそく始めよう!
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る