BBC News

2018年4月6日

»著者プロフィール

先月4日に英南部ソールズベリーで起きたロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリアさん(33)に神経剤が使われた殺人未遂事件をめぐり、英警察は5日、意識が回復したユリアさんに代わり声明を発表した。

父親と共にソールズベリーの病院で治療を受けているユリアさんは声明で、「日に日に元気になっている」と述べた。

英外務省は、ロシア国籍のユリアさんが在英ロシア大使館からの領事支援の申し出を断ったと明らかにした。

ユリアさんが意識を回復し、話せるようになったと先週明らかになって以来、ロシア大使館はユリアさんとの面会を要求している。

ロシアのテレビ局は5日、ユリアさんといとことの電話の会話内容だとする録音を放送した。しかし、番組司会者は録音の声がユリアさんのものかどうか確認できていないと述べ、疑問が残ると認めた。

スクリパリ氏は依然として危篤状態だが、容体は安定している。

英政府は殺人未遂事件へのロシアの関与を非難しているが、駐英ロシア大使は、ロシアには神経剤の備蓄はないと述べている。

事件は国際的な外交危機に発展している。

国連安全保障理事会は6日、ロシアの要請を受けて、スクリパリ氏親子の殺人未遂事件に関する会合を開いた。ロシアのワシーリー・ネベンジャ国連大使は、ロシア関与を断定する英国の主張は驚愕すべき内容で根拠がないと述べ、英国は「危険な火遊びをしている」と批判した。

「プライバシーを尊重してほしい」

英警察が発表した声明で、ユリアさんは多数のお見舞いメッセージに感謝し、「1週間と少し前に目が覚め、日に日に元気になっているのをうれしく思っています」と述べた。

「私が回復したのは大勢のおかげです。特に、父と私が何もできない状態だったときに助けに来てくれた、ソールズベリーの人たちに感謝したい」

「一連の出来事に私が戸惑っているのを、皆さんも理解してくださると思います。私が回復する間、私と私の家族のプライバシーを尊重してくださるようお願いします」

ロシアのテレビ局が放送した音声は、ユリアさんのいとこでロシア在住のビクトリアさんとの電話の会話だと言われている。ユリアさんだとされる女性の声が、「何もかも大丈夫。彼(スクリパリ氏)は今、寝て休んでいるの。みんな健康だし、すべて順調。もうすぐ退院できる。何もかも大丈夫」と話す様子が含まれている。

ビクトリア・スクリパリさんは音声の中で、査証(ビザ)が発給されれば、英国の親族を訪ねたいと語る。しかし、ユリアさんだとされる声は、誰もビザは出してくれないだろうと話している。

BBC特派員らは、ユリアさんが父親のことを「休んでいる」と語るのは、スクリパリ氏が意識不明の重体だとされる状況と一致しない上、ビザについての会話も奇妙だと指摘した。

英外務省は、在ロシア大使館が5日にもビクトリアさんにビザを発給し、英国においても十分な支援をすると述べている。

ロシアのインタファクス通信は、ビクトリアさんがインタビューで、ユリアさんと話をしたと明らかにしたと伝えている。ユリアさんからすべてが順調だと聞かされたと、ビクトリアさんは話していたという。

同通信によると、ビクトリアさんは、ユリアさんとの会話が認められていないとメディアに語った翌日に、ユリアさんから電話が来たのに驚いたと話した。

「偶然だと思いますか。私はそうとは思いません」とビクトリアさんは語ったという。

多くの親族をすでに失っているスクリパリ氏親子にとって、ビクトリアさんは生存する最も近い親族の1人だとされる。

英国がロシアの関与を主張する殺人未遂事件を受けて、ロシアと西側諸国との関係は悪化。双方は150人以上の外交官の国外追放を発表している。

電話の会話の録音が放送されて間もない5日、アレクサンドル・ヤコベンコ駐英ロシア大使は、ロシアが神経剤の疑惑にすぐ反論しなかったとする英政府関係者の発言を否定し、ロシアが送ったとする関与を否定する手紙を読み上げた上で、ロシアは神経剤の備蓄をしていないと主張した。


ロシアのテレビが放送した会話の録音

ロシア国営テレビ「ロシア1」の60分番組を司会するエフゲニー・ポポフ氏とオリガ・スカベエワ氏は、電話の会話録音の真偽は確認できないと語っている。会話は今月5日午前に録音されたものという。

ビクトリアさん:もしもし?

「ユリア」さん:もしもし、聞こえる?

ビクトリアさん:うん、聞こえる

「ユリア」さん:ユリア・スクリパリです

ビクトリアさん:ああ、ユルカ(「ユリア」の愛称)、あなたなのね! 声で分かるけどどうして? 電話をもらったの?

「ユリア」さん:そう、そう

ビクトリアさん:よかった! ユリャシャ(「ユリア」の愛称)、いろいろ大丈夫?

「ユリア」さん:すべて大丈夫。すべて順調。

ビクトリアさん:ねえ、もし明日(英国の)ビザが出たら、月曜日に行くよ。

「ユリア」さん:ビカ(「ビクトリア」の愛称)、誰もビザは出してくれないよ。

ビクトリアさん:そうだとは思った。残念。

「ユリア」さん:多分そうだよ。

ビクトリアさん:もし出してもらえたら、会いに行っていいか教えて。会いに行っていいでしょ?

「ユリア」さん:だめだと思う。今こんな状況だから。落ち着いてからにしよう。

ビクトリアさん:分かってる、分かってる。

「ユリア」さん:後で、落ち着いてからね。何もかも順調だから。後で考えよう。

ビクトリアさん:これ、自分の電話なの?

「ユリア」さん:臨時の電話。何もかも順調だけど、様子をみないと。後で決めよう。ここがどんな状況か分かるでしょ。何もかも順調、ぜんぶ解決できるから。みんな回復しているし、生きている。

ビクトリアさん:分かった。お父さんは大丈夫?

「ユリア」さん:何もかも大丈夫。彼(スクリパリ氏)は今、寝て休んでいるの。みんな健康だし、すべて順調。もうすぐ退院できる。何もかも大丈夫。

ビクトリアさん:大好きだよ。

「ユリア」さん:それじゃあね


(英語記事 Russian spy poisoning: Yulia Skripal 'getting stronger daily'

提供元:https://www.bbc.com/japanese/43665087

関連記事

新着記事

»もっと見る