韓国の「読み方」

2018年4月10日

»著者プロフィール
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、元ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15~18年論説委員(朝鮮半島担当)。18年4月から外信部長。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、『韓国新大統領 文在寅とは何者か』(17年、祥伝社)、『新版 北朝鮮入門』(17年、東洋経済新報社、礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著)など。訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領に1審で懲役24年の実刑判決が下された。まったく驚きのない判決だが、「帝王的と呼ばれるほど絶大な権限を与えられた韓国の大統領」という的外れと思える解説が少なくなかったのは残念だった。韓国でそうした言われ方をしているのは事実だが、それはかなり特異な認識である可能性があるからだ。外国人である私たちは、もっと冷静に見た方がいいだろう。

(写真:AP/アフロ)

 なお朴氏が弾劾という不名誉な形で職を追われた背景には、政治指導者はかくあるべしという理想像を最悪の形で破壊したことへの強い反発があると考えられる。その点については、弾劾訴追を受けた2016年12月の時点で毎日新聞に「朴大統領弾劾訴追の裏側 儒教的理想を直撃」という解説を書いた。

 実は「帝王的大統領」の問題についても、この連載で「朴前大統領の罷免、逮捕から考える『帝王的大統領』問題」という記事を書いたことがある。同じ問題を再び取り上げることは好ましくないのだが、この誤解はあまりに根深いようなので繰り返し取り上げさせていただきたい。

「渦巻き」構造の政治文化

 この問題について、もっとも明快かつ簡潔に説明したのは朴氏への1審判決の2週間前に起きた李明博(イ・ミョンバク)元大統領逮捕を受けた朝日新聞の社説だった。「李明博氏逮捕 不正を防ぐ政治改革を」という社説は、韓国の大統領権限を次のように説明している。

 韓国大統領の権限は制度上、他国に比べて突出しているわけではないとされる。だが、権威主義的な政治風土の影響もあり、実際には「帝王型」と言われるほどの権力をかかえる。


 まさに、これに尽きるのである。制度によって与えられた権限は特別に強いわけではないのに、政治文化によって「帝王」が生み出されているのだ。毎日新聞はこの時、「大統領経験者の逮捕 問われる韓国の政治文化」という社説を掲載し、韓国の政治文化を正面から取り上げた。毎日社説の指摘は次のようなものである。


 韓国の政治文化は円すい形の「渦巻き」にたとえられる。権力という頂点に向かって吹き上げる強い上昇気流にすべての人が殺到するというものだ。徹底的な中央集権だった朝鮮王朝の時代に原点を求めることができる。
 大統領には実際の制度より強い権力が集中し、家族や側近も本来は持たないはずの影響力を発揮できる。不正を生みやすい構造だ。
 世界的大企業になった韓国の財閥にワンマン経営的色彩が残るのも、同様の文化的背景があろう。

 「渦巻き」というのは、米国の朝鮮研究者であるグレゴリー・ヘンダーソンが1960年代に出した名著『朝鮮の政治社会』(邦訳はサイマル出版会、1971年)でとなえた概念だ。ヘンダーソンは、韓国政治の特徴として「社会のあらゆる活動的分子を、権力の中心へ吸い上げる一つの強力な渦巻にたとえられ」ると指摘した。激しい上昇気流の中で人々は急激に吸い上げられたり、地面にたたきつけられたりするのである。

関連記事

新着記事

»もっと見る