世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2018年4月25日

»著者プロフィール

 4月8日、河野太郎外務大臣は、カンボジア訪問を終え、記者団とのインタビュー冒頭、次のように発言した。

(iStock.com/iarti/isaxar/Lara2017)

 「今回、日本とカンボジアの外交関係65周年という機会にプノンペンを訪問し、フン・セン首相及びプラック・ソコン上級相兼外務大臣と初めて会談をいたしました。短い滞在ではございましたが、お昼ご飯も挟んで様々意見を交わし、また、フン・セン首相からは和平にまつわる話を直接聞くことができましたし、信頼関係の構築をすることが出来たのではないかと思います。

 カンボジアは、安倍内閣の掲げる積極的平和主義の原点でもありますし、私の父が宮沢内閣の官房長官の時代にUNTACへのPKO部隊派遣に尽力し、また、副総理・外務大臣の時代にフン・セン首相ともプノンペンで会談したこともあるということもあって、私個人としても思い入れが深いということをカンボジアのみなさまにお伝えをいたしました。

 カンボジアから自由で開かれたインド太平洋戦略について、非常に早い段階でご支持をいただいておりましたが、その実現に向けて、具体的な協力を積み重ねていくことで一致をいたしました。メコン地域の要衝にあるカンボジアの発展を後押しすべく、物流の改善、人材の育成、そして都市機能の強化という3つの柱で引き続き支援を継続していくことをお伝えをいたしました。

 また、今日、交換公文への署名が行われました、首都圏の送配電網拡張整備に対する円借款の供与、それから、税関の監視艇2隻の贈与も、こうした戦略の趣旨に一致するということであり、カンボジアからは、御礼の言葉とともに、更に協力を推進する意思が示されました。」

関連記事

新着記事

»もっと見る