BBC News

2018年5月8日

»著者プロフィール

米ニューヨーク州のエリック・シュナイダーマン州司法長官が7日、女性4人を暴行したという週刊誌報道を受けて、辞任を発表した。シュナイダーマン氏は疑惑を否定している。同長官は女性への加害行動を告発する「MeToo(私も)」運動を支持し、運動のきっかけとなった映画プロデューサー、ハービー・ワインスティーン氏とワインスティーン社を州として提訴していた。

ローナン・ファロウ記者らが7日付米誌「ニューヨーカー」に、シュナイダーマン氏に殴られたと主張する女性4人の話を掲載したのを機に、ニューヨーク州のアンドリュー・クオーモ知事が辞任を要求し、シュナイダーマン氏が辞意を表明した。女性4人のうち2人は、同氏の元恋人という。

州司法長官は7日深夜、「ここ数時間の間に、深刻な糾弾が自分に対してなされた。内容について私は強硬に反論する」と声明を発表した。「内容は私の職務上の行動や、司法長官事務所の業務に無関係だが、それによって私はこの重要な時期にこの事務所の職務を効果的に指揮できなくなった」と辞任理由を説明した。

シュナイダーマン氏と交際していたというミシェル・マニング・バリッシュ氏とタニヤ・セルバラトナム氏は「ニューヨーカー」に対して、深酒をしたシュナイダーマン氏に繰り返し殴られたと話している。2人とも、別れるなら殺してやると脅されたという。

2013年夏から2015年正月までシュナイダーマン氏と恋愛関係にあったというマニング・バリッシュ氏は記事公表の後、ツイッターで、「こんなに辛い1カ月は初めてだったが、声を上げることにした」と書いた。「自分の娘のため、全ての女性のため。自分が沈黙したまま、私のために勇気を出してとほかの女性たちを励ますなどできなかった」。

記事によると、セルバラトナム氏は2016年夏から昨年秋まで、シュナイダーマン長官と交際していた。記事ではほかに、匿名を希望する別の女性が、シュナイダーマン氏から繰り返し不同意の身体暴力を受けたと話している。また匿名希望の女性弁護士は、翌日まで跡が残るほどシュナイダーマン氏に強く叩かれたと話している。

報道を受けてクオーモ州知事は、「法の上に立つ者は誰もいない。たとえニューヨークの司法担当のトップだろうと」とコメント。「エリック・シュナイダーマンが司法長官として職務を続けるのは、もはや不可能だと思う」と非難した。司法長官はこの後、まもなく辞意を表明した。

クオーモ知事は、報道された加害行動について、検察官に捜査を要請する方針を示した。

記事の筆者の1人、ファロウ記者は昨年10月、「ニューヨーカー」で、ワインスティーン氏による長年に及ぶ性的加害行動について最初に報道した。

シュナイダーマン氏は、ワインスティーン氏への相次ぐ告発を機に世界的に広がった「MeToo」運動を支持し、今年2月にはワインスティーン氏による性的加害行動から従業員を守らなかったと、ワインスティーン・カンパニーを提訴していた。会社のほか、ワインスティーン氏ならびに弟で同社最高経営責任者のロバート氏も訴えられた。

提訴を発表した後、シュナイダーマン長官はツイッターで、「全てのニューヨーカーには、セクハラを受けず、恫喝(どうかつ)されず、恐れる必要もない職場で働く権利がある。もし、問題行動の被害にあったり、問題行動を目撃したなら、私の事務所に連絡してください」と書いていた。

https://twitter.com/AGSchneiderman/status/962828264522899457

「ニューヨーカー」と米紙ニューヨーク・タイムズは、ワインスティーン氏に対する一連の報道で今年4月、ピュリツァー賞を受賞した。「ニューヨーカー」の最新記事の冒頭で、筆者のジェイン・マイヤー記者とローナン・ファロウ記者は、その受賞発表の際に「シュナイダーマンは祝福ツイートで、『権力を持つ男たちの下で耐え忍んできたセクハラについて声を上げた、多くの勇敢な女性や男性たち』を称賛した」と書いている。

(編集部注――日本では「ワインスタイン」と表記されることの多いハービー・ワインスティーン氏の名前は、本人や複数の関係者の発音に沿って表記しています)

(英語記事 New York Attorney General Eric Schneiderman quits amid abuse reports

提供元:https://www.bbc.com/japanese/44036031

関連記事

新着記事

»もっと見る