BBC News

2018年5月9日

»著者プロフィール

マイク・ポンペオ米国務長官は9日、北朝鮮を再び訪問した。北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とドナルド・トランプ米大統領の首脳会談を前に、朝鮮半島の非核化に向けた計画の最終的な詰めを目指す。

ポンペオ長官は、北朝鮮が「正しいこと」をして、拘束中の米国市民3人を解放するようを期待すると語った。

同長官は先月、米中央情報局(CIA)長官の立場で北朝鮮を訪問し、金委員長と会談した。ポンペオ長官は会談について「良い関係」ができたと述べている。ポンペオ長官の訪朝は、2000年に当時のマデリン・オルブライト国務長官が訪朝して以来の高いレベルでの米朝接触となった。

ポンペオ長官は8日、米国人3人の解放は「すばらしい意思表示」になると述べ、「我々は17カ月にわたって拘束者の解放を求めてきた」と強調した。

ポンペオ長官に同行する国務省高官は、北朝鮮の核兵器開発について「実際の変化の兆しがあるのかどうかを探る」と語った。

トランプ大統領は8日に欧米など6カ国とイランが結んだ核合意からの離脱をホワイトハウスで発表した際、ポンペオ長官の4月訪朝に触れ、「北朝鮮と良い関係が構築されつつある」と語った。

トランプ大統領は米朝首脳会談について、「会談の予定は決まった。場所も選んである。日にちや時間、全部決まった」と述べた。

トランプ氏はさらに、「結局どうなるのか、見てみよう。うまくいかないかもしれない。しかし北朝鮮や韓国、世界全体にとって素晴らしいものになる可能性がある」と語った。

トランプ大統領は3月に、北朝鮮からの首脳会談の提案を受け入れると表明し、国際社会に大きな衝撃が広がった。米国の現職大統領が北朝鮮の最高指導者と会談したことは過去にない。

トランプ氏は、首脳会談が6月初旬あるいは「それより少し早く」開かれるとし、いくつかの場所が検討されているが米国内ではないと述べていた。

8日には、金委員長が再び中国を訪問し、習近平国家主席と会談したことが明らかになっている。中国のメディアは、金委員長が、朝鮮半島の非核化を実現するため「段階的で同時進行的な」措置を望む、と語ったと報じた。

(英語記事 Pompeo arrives in North Korea ahead of Trump-Kim talks

提供元:https://www.bbc.com/japanese/44049754

関連記事

新着記事

»もっと見る