今月の旅指南

2018年5月21日

»著者プロフィール
閉じる

狩野直美 (かのう・なおみ)

東京生まれ。フリーライター。旅行業界誌の記者・編集者を経て、1994年からフリーランスに。主に海外旅行関連誌、ウェブマガジン等に記事を執筆中。

 今から450年以上前の永禄3年(1560)、有力な戦国大名の今川義元を、尾張の大名だった織田信長が破った「桶狭間の戦い」。のちに天下人となる信長が躍進するきっかけとなった合戦として歴史に名を残す。その戦いの地とされる愛知県豊明(とよあけ)市で、毎年6月の初め、合戦にちなんだ「桶狭間古戦場まつり」が行われる。

武者たちが勝ちどきを上げる場面は迫力満点

 祭りは桶狭間で戦った織田・今川両軍の戦死者の供養祭として、昭和41年(1966)に始まった。会場となるのは、義元の本陣があったとして国指定史跡になっている桶狭間古戦場伝説地や、義元の墓所がある高徳院、戦いの前夜に義元が入城した沓掛(くつかけ)城の城址公園など、いずれもゆかりの場所。

 見どころは、3日に行われる甲冑隊や姫君など総勢300人を超える「武者行列」。石塚公園交差点から高徳院まで練り歩く様子を間近で見るなら、高徳院山門前がお勧めという。また、高徳院および沓掛城址公園で火縄銃の発砲も実施予定で、迫力ある戦場の雰囲気を体感することができる。

 このほか、優勢の今川軍を劣勢の織田軍がどのように攻めたのか、その様子が分かる「桶狭間の合戦再現劇」や、地元ボランティアによる古戦場ガイドなど、歴史ファンには見逃せないイベントも用意される。

●桶狭間古戦場まつり
 <開催日>2018年6月2日~3日 *2日は供養祭のみ

 <開催場所>愛知県豊明市・高徳院など(名鉄名古屋本線中京競馬場前駅下車)
   <問>桶狭間古戦場まつり実行委員会事務局 ☎0562-92-8332

   URL:http://welcome-toyoake.jp/event/history/post_65.html

*情報は2018年4月現在のものです。料金・時間・休館日などの詳細は、お出かけの際、現地にお確かめください

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2018年6月号より

 

 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る