前向きに読み解く経済の裏側

2018年5月14日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。主に調査関連部署に勤務した後、2005年に銀行を退行して久留米大学へ。著書に『増補改訂 よくわかる日本経済入門』(朝日新書)、『老後破産しないためのお金の教科書』(東洋経済新報社)、『世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書』(宝島社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)など多数。

会社が副業探しを支援する

 企業によっては積極的に中高年の副業を推奨し、その代わりに賃金カーブをフラット化する、ということも可能かもしれません。年功序列で賃金が上がっていくのは若手と中堅だけにして、それ以降は給料は増えないけれども副業で稼げるように応援する、というわけです。

 たとえば経理部の中高年社員が、経理のプロを探している中小企業でアルバイトをし、気に入ってもらえたらそのまま転職してもらう、といったことを会社が仲介しても良いでしょう。あるいは副業紹介ビジネスと会社が契約して、社員の副業探しを支援しても良いでしょう。

 将来は夫婦で喫茶店や居酒屋をやりたい、という夢があるのならば、いきなり喫茶店を経営するのはリスクが高すぎますから、喫茶店等でアルバイトをしながらノウハウを蓄積し、自信が付いてから開店する、という方がはるかに安全でしょう。あえて余談を記せば、筆者としては、開業資金のために退職金をすべて注ぎ込むようなセカンドキャリアは、失敗した場合の老後があまりに不安なので、あまりお勧めしませんが、そのあたりは個々人のご判断があるでしょうから、筆者が口を出すことではないでしょう。

 老後は物書きになりたい、という夢があるのであれば、ブログを作っても良いでしょう。ブログが人気が出れば、広告を掲載して広告料を稼いでも良いですし、著名ブロガーとして、出版や講演依頼等々、様々な収益機会が舞い込んでくるかもしれません。現役世代が物書きで食べていくのは大変ですが、老後資金にそれほど不安がなく、老後の「ボケ防止を兼ねた小遣い稼ぎ」と割り切れば、知的で刺激的な老後を楽しむことができるかもしれません。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る