2018年6月号
明治に学ぶ  日本のリノベーション

<ご案内>
弊社HPからの定期購読新規お申し込みが
4680円とお得になりました。
お支払いはクレジットカードのみになります。
お申し込みはこちらから

■特集

WEDGE_SPECIAL_REPORT

明治に学ぶ 日本のリノベーション
磯田道史、家近良樹、奈良岡聰智、清水唯一朗、米倉誠一郎、小林道彦、宮川公男、江上 剛、山口亮子

PART 1
なぜ維新は成せたか 西郷に学ぶリーダーシップ 西郷どんの”人間力” 彼の真の魅力とは?

PART 2
大久保利通の実像 西郷とは違う理想的指導者

PART 3
危機に瀕する「政官関係」 明治維新から転機を探る

COLUMN
明治を創造したイノベーターたち

PART 4
明治憲法体制の手直しを試みた児玉源太郎の知的軍人としての素顔

COLUMN
「統計学が最強」と気づいた福澤と大隈

PART 5
日本の鉄道を造った男 井上勝から学ぶ「謙虚さ」

REPORTAGE
文化をまとった最新のものづくり 外貨の稼ぎ頭だったシルク産業は今

明治に学ぶ
日本のリノベーション

明治維新150年を迎える。西郷隆盛、大久保利通、大隈重信、伊藤博文など幕末維新の偉人たち。
彼らは明治元年時点で、40歳、38歳、30歳、27歳だった。この若さで大変革を成し遂げた。
いま、AIなどの技術革新によって経済、社会が大きく変化しようとしている。
そんな中で、倒幕、新国家建設、さらに運営という”イノベーティブ”とも言える
取り組みに携わった彼らから、現代日本人が学ぶべきことは何なのか考える。

文・磯田道史、家近良樹、奈良岡聰智、清水唯一朗、米倉誠一郎、小林道彦、江上剛、宮川公男、山口亮子
イラストレーション・斉藤高志

西郷隆盛
リーダーに求められる旧弊打破の実行力

大久保利通
西郷とは異なる理想的指導者

伊藤博文
能力主義が開花させた真の実力

児玉源太郎
「果断の人」に備わった用意周到さ

井上 勝
外国から謙虚に学んだ鉄道の父

大隈重信
国政に羅針盤を導入した「統計伯」

WEDGE_SPECIAL_REPORT_2

羅針盤なき日本の漁業
真田康弘、Wedge編集部

PART 1
漁業の持続可能性を見出した佐渡島 資源管理の成功を水平展開できない理由

PART 2
過剰な漁港整備に予算を費やす水産行政 無用の長物と化す”豪華漁港”の実態

■WEDGE_OPINION.1

北朝鮮情勢の陰で高まる台湾海峡の緊張
小谷哲男(明海大学准教授) イアン・イーストン(プロジェクト2049研究所リサーチフェロー)

■WEDGE_OPINION.2

急速に広まるESG投資の「あるべき姿」
原 丈人(内閣府参与)

■WEDGE_REPORT.1

デジタル通貨の覇権争いで日本発のフィンテックに白羽の矢
児玉 博(ジャーナリスト)

■WEDGE_REPORT.2

ハッカーも驚く脇の甘さ サイバー後進国・日本
山田敏弘(ジャーナリスト)

■POINT_OF_VIEW

インフラと測位システムの一体輸出 中国が狙う一帯一路への「軍事展開」
國分俊史(多摩大学大学院教授)

国防の盲点 by 勝股秀通
国民の理解がカギ握る自衛隊改革の行方

Global Economy by 滝田洋一
米中貿易戦争の舞台裏 成長分野で叩き落とすトランプ

漂流ものづくり大国の治し方 by 坂本幸雄
米国の保護主義政策は自らの首を絞める 日本は今こそ半導体新興市場へ飛び込め

米国で挑む闘魂経営 by 藤田浩之
驚くほど高いドイツの生産性に倣う

新連載 時流仏流 by 鵜飼秀徳
科学を信じる現代っ子も畏れ敬う神仏

地域再生のキーワード by 磯山友幸
漁業への異業種参入 小さな漁村の生き残り策

戦国武将のマネー術 by 橋場日月
豊臣一門の名誉のために集金マシンと化した前田利家

さらばリーマン by 溝口 敦
日本のアニメ技術と中国資本の合わせ技 2億人市場を狙う敏腕プロデューサー
猪股一彦さん(株式会社プロダクション・フォッシュ 取締役COO)

各駅短歌 by 穂村 弘
ブランコ

●世界の記述
●拝啓オヤジ 相米周二
●新刊クリップ 足立倫行
●CINEMA REVIEW 瀬戸川宗太
●読者から/ウェッジから

 

★ご購入はこちら
>> 紙で購入
>> デジタルで購入
>> Fujisanマガジンで購入
>> セブンネットで購入

>> Amazonで購入

 

 

 

 

下部枠線