BBC News

2018年5月25日

»著者プロフィール

24日にドナルド・トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を表明したことを受け、北朝鮮の金桂冠(キム・ケガン)第1外務次官は、「いつでも、どのような形であっても」米国と対話する用意があると述べた。北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)が25日、伝えた。一方のトランプ氏も25日朝、予定通り6月12日に会談する可能性に言及した。

6月12日にシンガポールで予定されていた首脳会談の中止表明について、金次官は「極めて遺憾だ」と話した。

トランプ大統領は中止を決めた理由として、北朝鮮の「あからさまな敵意」を挙げていた。中止が表明されたのは、北朝鮮が同国北東部の豊渓里(プンゲリ)にある唯一の核実験場の破棄を約束どおり実施したと発表してから、数時間後のことだった。

しかし、トランプ氏は25日朝、北朝鮮の反応についてツイッターで、「北朝鮮から温かく生産的な発言を受けとったのは、とても良い知らせだ。これがどこまでいくのか間もなく分かる。願わくば、長く持続的な反映と平和に。時間(と才能)次第だ!」と書いた。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/999986971660423170

大統領はさらにこの後、記者団に対して、「(北朝鮮の声明は)とても良かった。これからどうなるか、様子見だ。12日さえあり得る。いま向こうと話しているところだ。向こうはとてもやりたがっている。こちらもやりたいと思っている」と述べ、結局は予定通り6月12日に会談する可能性に含みをもたせた。

24日の会談中止の通知はトランプ大統領から金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長にあてられた書簡の形で発表された。

米政権高官の1人は、北朝鮮側に「深刻な誠意の欠如」があったと指摘した。高官が記者団に語ったところによると、首脳会談の準備を進めるなかで、大統領次席補佐官を北朝鮮との協議のためシンガポールに派遣したものの、北朝鮮の担当者は欠席したという。

「北朝鮮側は姿を現さなかった。我々はただ単にすっぽかされた」

同高官によると、トランプ大統領は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と話した後、金委員長への書簡の内容を「一語一語」口頭で指示したという。

文大統領は、会談中止の発表を受け、「非常に当惑している」とし、中止は「非常に遺憾だ」と述べた。

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、米国も北朝鮮も諦めてはならないと述べ、交渉には「鋼(はがね)の神経」が必要だと忍耐を促した。

(英語記事 North Korea ready to talk 'at any time' with Donald Trump

提供元:https://www.bbc.com/japanese/44248835

関連記事

新着記事

»もっと見る