BBC News

2018年5月25日

»著者プロフィール

ドナルド・トランプ米大統領が24日に米朝首脳会談の中止を表明したことが、事前に製作された首脳会談の記念コインの人気急上昇に貢献しているもようだ。

ややこしいが、出回っている記念コインは2種類ある。

最も注目を集めているのが、米国防情報システム局傘下のホワイトハウス通信局(WHCA)が製作した記念コインで、トランプ大統領と向かい合う形で、「最高指導者」という文言と共に北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の横顔が彫られている。

記念コインは、海外からの賓客や外交官らに配るのを目的に製作される。

もう一つのコインは、ホワイトハウスのギフトショップが運営するウェブサイトで販売されているトランプ氏と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の姿が彫られたものだ。ウェブサイトは現在クラッシュしているが、記念コインを買おうとする人々のアクセスが殺到したのが原因だとみられる。

<おすすめ記事>

24.95ドルで売られていたこのコインは、24日に19.95ドルに値下げされた。ギフトショップは現在、米朝首脳会談が実際に行われなければ返品も可能だとしている。

だが、ギフトショップは「支持者の大方は、結果はどうであろうとこの政治史の宝物がほしいと言っている」と述べた。

それは本当のようだ。

BBCのアンソニー・ザーカー北米担当特派員は、1800年代に海外への贈り物として製造され、現在は非常に高い値段で取引されているコインを例に、WHCAのコインがコレクターたちにとっての「1804年製造の1ドル硬貨」のようなものになる可能性があると指摘した。

https://twitter.com/awzurcher/status/999649409016221697

WHCAのコインの製造は、トランプ大統領あるいはホワイトハウスから要請を受けたものではないが、インターネット上では、コインをネタにトランプ大統領をからかうコメントが見られる。

国防総省の元報道官、アダム・ブリックスタイン氏はツイッターに、2つに割れたコインの画像と共に、「別れの手紙と一緒に、トランプ氏は金氏に愛を込めて平和首脳会談のコインの半分を送り、再び1つになれるまで首にかけておくよう嘆願した」と投稿した。

https://twitter.com/AdamBlickstein/status/999652149297545216

首脳会談をめぐる騒動で実際のところ得をしたのは金委員長の方だ、というコメントもあった。

ジャーナリストのマイケランジェロ・シグノライリ氏はツイッターに、「トランプ氏はノーベル賞をもらっていないが、金氏は自分を最高指導者と呼ぶ合衆国記念コインを手に入れた」とコメントした。

https://twitter.com/MSignorile/status/999652134370054144

ジャーナリストのブライアン・クラッセンスタイン氏の皮肉はさらに痛烈で、トランプ氏は「自分が表紙になった偽のタイム誌の隣りに」コインを飾ればいいのではないかとコメントした。トランプ氏が所有するいつかのゴルフ場で、トランプ氏について好意的な見出しが付けられた偽のタイム誌の表紙が額に入れられ飾られていると、米紙ワシントン・ポストが報じたことが念頭に置かれている。

あるツイッター・ユーザーは、「トランプ氏が記念コインの空売りをした上で、首脳会談をやめたってことが、いつか分かるぞ」とコメントし、コインは自分の巨大な事業をさらに拡大しようとするトランプ氏の手法の一つなのではと憶測した。

https://twitter.com/TeaPainUSA/status/999651369157095425

ポール・リッカートさんはツイッターに、ホワイトハウスの芝生の刈り込みをしたいと申し出た少年、フランク・ジアッチオ君に向かって何かを言うトランプ大統領の写真に、「米朝首脳会談記念コインで支払ってもいいかな?」というせりふをつけて投稿した。

https://twitter.com/PaulRyckert/status/999654718187204608

コインは単に米商取引サイト、イーベイで売り買いされるようになる、との見通しを示す人もいる。前オバマ政権で上級顧問を務めたデイビッド・アクセルロッド氏はツイッターで、コインの写真と共に「歴史的な首脳会談の記念コイン!! イーベイにもうすぐ登場」と投稿した。

https://twitter.com/davidaxelrod/status/999659464629391361

しかし、コインをめぐる騒動を面白がる人たちばかりではない。

北朝鮮専門家のロバート・ケリー氏は、コインによって金委員長の「個人崇拝」が正当化されただけでなく、コインは「非米国的」だと述べた。

同氏はツイッターに、「冗談じゃない! ぞっとするだけだ。この首脳会談はいったい誰の個人崇拝を正当化しているんだ? 非米国的だ。ほかの合衆国大統領が同じことをしたらフォックス・ニュースが何を言うか、想像がつかない。なんてこった。なんてこった以外の言葉がない」とコメントした。

https://twitter.com/Robert_E_Kelly/status/998747669701931008

コインへのからかいや批判を受け、ホワイトハウスはコインの「意匠について意見は述べていない」とのコメントを出した。

ホワイトハウスのラジ・シャー大統領副報道官は声明で、「ホワイトハウス通信局(WHCA)のメンバーは2003年以降、限られた数の、商業目的の記念品用外遊コインのデザインと製造を発注してきた。これらのコインは米国のコイン製造会社によってデザインされ、製造されている。これらの記念コインは外遊が公にされた後にのみ発注されている。ホワイトハウスはコインの意匠や製造について一切意見を述べていない」と述べた。

米NBCニュースのピーター・アレクサンダー記者は、WHCAが最近作った外遊コインの写真と共に発表されたホワイトハウスの声明をツイッターで紹介した。

https://twitter.com/PeterAlexander/status/998699492282191872

(英語記事 Rush to buy Trump-Kim coin after summit cancellation

提供元:https://www.bbc.com/japanese/44248850

関連記事

新着記事

»もっと見る