BBC News

2018年6月6日

»著者プロフィール

中米グアテマラのフエゴ火山が5日、新たに噴火した。火山の南側を溶岩が流れ落ちた。3日の大噴火による被災地で救援・捜索活動に当たっていた当局者やボランティア、報道陣は避難を余儀なくされた。

当局は5日、3日の大噴火による死者数は、これまでに確認されただけでも75人、行方不明者は少なくとも192人に上ると新たに発表した。

フエゴ火山は最初の噴火で、高さ約10キロまで火山灰などを噴き上げた。火山のふもとにある多数の集落が、火山灰や泥に埋まった。地元当局によると、3日の噴火で170万人が影響を受け、3000人以上が避難した。

グアテマラ国立地震学研究所のエディー・サンチェス所長は5日、「今後数日の間は噴火はないだろう」と述べていた。その後に、新たな噴火が発生した。

最初の噴火でなぜ多数が犠牲に

グアテマラ国家災害対策委員会(CONRED)のセルジオ・カバーニャス委員長は、3日の噴火前に避難警報は出ていなかったと話す。

地元住民は緊急時の避難訓練を受けていたが、当初の火山活動があまりに一気に発生したため、訓練どおりの避難ができなかったという。

最初の大噴火は、火山ガスや灰などが混ざった火砕流を引き起こし、これがエルロデオやサンミゲル・ロスロテスなど、人が住む周辺地域を飲み込んだ。

火山学者ジャニーン・クリップナー博士はBBCに対して、火砕流や火山泥流(ラハール)の危険性を見くびってはならないと話した。

「フエゴは非常に活発な活火山だ。粘度の低い火山物質が堆積している上、火山は雨量の多い地域にある。そのため、豪雨が火山を襲うと、雨が堆積物を押し流して泥流の一部とする。泥流は大量の瓦礫(がれき)や岩石を運ぶ」

「泥流は非常に危険で、人が死ぬ可能性も高い」


「まるで黒い雨」

フエゴ火山に近いアンティグアで語学センターを運営するロンドン出身のフェイ・ダンスタンさん(29)はBBCに対して、3日の噴火の様子を話した。

「家でのんびりしていたら、いきなり空から雨が降ってきたが、黒くて、溶岩の灰だった。最初は誰も大したことだと思わずに、外に出てセルフィー(自撮り写真)を撮ったりしていた」

「でも車に乗ると、警察があちこちで運転するなと指示していた(中略)みんな家やレストランから出て、車を洗い始めた。火山灰が当たり一面に降っていた」

「それでもまだみんな、それほどひどいことになっているとは気づいていなかった。後になってフェイスブックに、情報が次々と入るのを見てやっと気づいた。最初の死者数は7人で、それが25人、33人と増えていった」

「アンティグアの町では大勢が街角で募金を集めている。みんな、髪に火山灰がついたままだ。学校が休校なので、あちこちに小学生がいる。近くの村の人たちは、また何かあるのではと怖がっているけれども、みんな団結している。水や食料、衣類がどんどん集まっている。地域全体が協力し合っている」


<解説>火砕流とは何か?――ポール・リンコン BBCニュースサイト科学編集長

火砕流は、火山ガスと軽石や灰など火山物質の混合物で、非常に速く動く。火砕流は、今回のフエゴ火山のように、火山噴火に伴って発生する一般的な現象で、下流域に住む人々にとっては極めて危険だ。

グアテマラの火山噴火を目撃した人が撮影した動画がユーチューブに投稿されている。動画の1つ、橋の上に立つ人が撮影した映像には、不気味な大量のガスと噴火堆積物がフエゴ火山から広がる様子が映っている。

すぐ近くにいた何人かがその速さに気づいたが、火砕流は人々のすぐ近くまできていた。

火砕流の速度は複数の要因によって決まる。火山の堆積物や噴射物の生産率や、斜面の傾きなどだ。しかし、火砕流の最高速度は毎時700キロにもなることが知られている。この速度は長距離商用旅客機の航行速度に近い。

加えて、火砕流内のガスや岩石は200度から700度の間という極めて高い温度になっている。もし流路の真正面にいたら、逃げられる可能性はほとんどない。

紀元79年にイタリアで起きたベスビオ火山の噴火は強力な火砕流を生み、ポンペイやヘルクラネウムといった古代ローマの都市を厚い灰の層の下に埋没させた。

(英語記事 Evacuations after new eruption at Guatemalan volcano

提供元:https://www.bbc.com/japanese/44379103

関連記事

新着記事

»もっと見る