2011年5月号
「想定外」を生き抜く力

■特集
「想定外」を生き抜く力

◎自衛隊の訓練が津波と原発の対応の差を生んだ
◎海外での異常時にこの国は自国民を守れるか
◎小中学生の生存率99.8%は奇跡じゃない
片田敏孝(群馬大学大学院教授・広域首都圏防災研究センター長)

◎ゆで卵5人で1個 岩手・助け合いの現場を歩く
◎原発被災後のエネルギー戦略の視点

特集の読みどころ
津波は堤防を破り、原発は暴走し、ライフラインもガソリンも断絶した。
あちこちで聞こえた「想定外」の言葉。
しかし想定外の状況にも、対応する力を発揮した人が、組織が、たしかに存在した。
津波災害に迅速な動きを見せた自衛隊は3年前の訓練で磨いたスキルを応用した。
99.8%が生き残った釜石市の小中学生は教育によって命を自ら守る力を養っていた。
熟慮を重ねても想定を超える事態は起きる。
頼みとなるのは人間の力とつながりだ。
それは、いかにして培われるのか。

■WEDGE OPINION.1
権丈善一(慶應義塾大学商学部教授)
震災復興と社会保障・税の一体改革 両立を

■WEDGE OPINION.2
河野龍太郎(BNPパリバ証券 チーフエコノミスト)
財政危機を招かない 復興資金の調達とは

Point of View
髙田至郎(ライフライン工学研究所所長・神戸大学名誉教授)
「救命ライフライン」の構築に向けて

デジャブ~立ちすくむ現代 by 佐伯啓思
関東大震災の経験から我々が学ぶべきこと

プラネティストが行く by 中村繁夫
ターミナルケアに必要な「医職柔」が足りない日本

大人の社会見学 by 江上 剛
丹念に造られる消防車 造り手たちの姿勢が示すものとは

人にやさしい技術 by 武末高裕
小型で廉価な炭素繊維複合材 成形装置

情感の日本 by 中西 進
神殿のコスモロジー

トップランナー by 金井志人(奄美大島 泥染め職人)
奄美の泥染め職人 被災を乗り越えた力

あの負けがあってこそ by 大元よしき
立花美哉(井村シンクロクラブコーチ)
W杯で4位(1993年) 師匠の叱責が成長のエンジン

にっぽんの100人の青年 by 林 えり子
海外の子どもを支援 黒帯で行動派のNPO代表
横田 宗さん(NPO法人アクション代表)

ヒットメーカーの舞台裏 by 池原照雄
小さな工場の大きな使命感
愛知ドビー 鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」

さらばリーマン by 溝口 敦
原発被害に苦しむ福島の起業家

●BUSINESS TOPICS
●家電の航路 by 前田 悟
●新刊クリップ
●インサイト霞が関
●世界の記述
●中国はいま某国で by 谷口智彦
●四季のかばん by 鈴木遼太
●拝啓オヤジ by 相米周二
●子どもは変わる 大人も変わる by 比嘉 昇
●読者から/ウェッジから

*WORLD CURRENTとフォーラム新・地球学の世紀は休載します

下部枠線
お電話からのお申し込み・お問い合わせ 0120-34-3746
  • WEDGEセレクション
ウェッジの書籍
ウェッジからのご案内
ひととき にっぽん温故知新 2016年6月号

ひととき
2016年6月号

特集
だから、伊勢の味は日本の味

詳細を見る