2011年5月号
2011年5月号

特集:目には青葉よ、鰹節

旧暦卯月、黒潮とともに鰹が北上する季節です。
目には青葉山郭公〔ほととぎす〕はつ鰹─山口素堂が詠んだように、
上り鰹は江戸に夏をもたらす特別な魚でした。
とはいうものの、江戸の初鰹ブームは数十年間だけのもので
むしろ鰹節の材として、珍重されてきた歴史があるそうです。
けれど昨今、近海で一本釣りした上り鰹からつくられる
昔ながらの本枯節〔ほんかれぶし〕は激減し、
風前の灯となっているといいます。
繊細で芳醇な日本の“だし文化”に、なくてはならない鰹節。
その奥深い世界を探る旅にでかけましょう。
写真・林 義勝

京都の路地 まわり道
千 宗室・文 井上隆雄・写真
まやかしの秒針

今月の旅指南
福井県坂井市・三国祭ほか

特集
目には青葉よ、鰹節
                 林 義勝・写真
●お手伝いの匂い 向田和子・文 
●一本釣りの町、御前崎へ 片柳草生・文
●江戸生まれの本枯節 片柳草生・文

今を決めたあの時
吉永みち子・文 赤城耕一・写真
藤田一照 答えなき問いを生きる

個人美術館ものがたり
赤瀬川原平・文 川上尚見・写真
大川美術館 ─
絵は心のマッサージ

ひとときエッセイ「そして旅へ」
末木文美士
ただ今、京都に逗留中

伊勢、永遠の聖地
千種清美・文/写真
本居宣長 千たび、八千たびの宮遷しを願う

万葉から吹く風
豊田有恒・文 井上博道・写真
謎の歌人 柿本人麻呂

粋を継ぐわざ
田中敦子・文 渞 忠之・写真
「金網細工」 蔦 勇作

旅ことばの旅
中西 進・文 井上博道・写真
旅枕

ちょっと寄り道うまいもの
森枝卓士・文/写真
調味料の楽園 瀬戸内海、小豆島

新幹線のエトセトラ  
安藤寿和子・文  打田浩一・写真
一見さん歓迎。京老舗の膳を駅弁へ

芭蕉の風景
小澤 實
殺生石 栃木県那須町

古代史紀行 アキツシマの夢
恵美嘉樹
熱き女帝、斉明天皇

旅の小箱 from JR西日本、JR東海
●鳥取砂丘と山陰海岸から 悠久の大自然を感じる
●「城崎温泉・天橋立キャンペーン」開催中
●大阪ステーションシティ 5月4日グランドオープン
●新緑の楓「青もみじ」に輝く
  京都、常寂光寺・貴船神社
●ホテルアソシア静岡から楽しむ初夏の駿河路
●「斉明女帝とその時代」
  奈良学文化講座の参加者を募集中