海野素央の Love Trumps Hate

2018年6月12日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

五感と直観のトランプ交渉術

 カナダのシャルルボワで行われた主要7カ国首脳会議(G7サミット)終了後の記者会見で、トランプ大統領は北朝鮮が核兵器を手放すかか否かは、「最初の1分でわかる」と自信を持って語ると、記者団が質問を投げかけました。

 「どうやってわかるのですか」

 トランプ大統領はこの質問に対して、即座にこう回答しました。

 「感覚です。それが自分のやり方です」

 五感と直観で判断できるというのです。相手の表情、握手の感触及び声のトーンなどに注意を払いながら、トランプ氏は金氏の非核化に対する本気度を見極めるつもりです。言い換えれば、五感を働かせて金氏の非核化に関するコミットメント(関与)が高いのか、判断を下すということです。

 具体的に述べましょう。握手の感触で重要な点は、金氏から自尊心が伝わってくるか否かです。トランプ氏は、交渉のテーブルで非核化について語る金氏の声のスピードの変化にも注視し、本気度の判断基準にするでしょう。

 トランプ大統領は、会談の準備をあまり重視しない傾向があります。準備をし過ぎると、かえって相手の予測不可能な言動に対して、柔軟性に欠き、対応できない場合があると考えているフシがあります。トランプ氏は口癖のように、「様子をみよう」と言います。米朝首脳会談では、金氏の言動を観察しながら、五感をフルに活用して対処するのでしょう。

関連記事

新着記事

»もっと見る