海野素央の Love Trumps Hate

2018年6月12日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

歴史的に残る言葉?

 米朝首脳会談では、トランプ・金両首脳は非核化の定義を明確にする必要があります。非核化とは北朝鮮の非核化なのか、朝鮮半島全体の非核化なのかという点です。

 それに加えて、何をもって米朝首脳会談を成功と呼ぶのか、成功の定義にも注目です。トランプ大統領と金委員長が人間関係を構築できたことをもって会談を成功とするのか、あるいは朝鮮戦争の終結宣言を行ったことを成功の柱とするのか、非核化に関して玉虫色の表現を使ってでも大筋合意すれば成功とみなすのかなど、様々なケースがあります。中でも非核化の期限と具体的手法の明記がなくても、「骨抜きの合意」ないし「合意のための合意」をして、2人の首脳が成功と宣言してしまうのか、この点もかなり注目に値するところです。

 ところで、1987年6月12日は歴史的な日でした。ロナルド・レーガン大統領が西ドイツにあるブランデンブルク門においてベルリン750周年記念式典のスピーチを行い、「ゴルバチョフさん、この壁を壊しなさい!」とソビエト連邦のゴルバチョフ書記長に向けてメッセージを発した日です。壁とはもちろんベルリンの壁です。この発言は、レーガン大統領の名言の一つになっています。

 トランプ大統領は「強い大統領」に憧れ、レーガン氏を意識しています。史上初の米朝首脳会談でトランプ氏が、歴史に残る言葉を準備している可能性は否定できません。ただし、「世界を再び偉大にした」というメッセージを発したら、確かにトランプ支持者は同氏のノーベル平和賞受賞に一層熱狂的になることは明らかです。その一方で、他の有権者は会談の「ショー化」に対して、決して深い感銘を受けないでしょう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る