WEDGE REPORT

2018年7月10日

»著者プロフィール
閉じる

吉崎エイジーニョ

ライター

日韓比較論。スポーツから社会全般まで。74年生まれ、北九州市小倉北区出身。大阪外大(現阪大外国語学部)朝鮮語科卒。「Number」「週刊プレイボーイ」「週刊文春」などで執筆。北朝鮮情勢や、サッカー選手に関する韓国語翻訳書も。また「スポーツソウル電子版」「NAVER」など韓国媒体に韓国語での執筆歴もある。01年に「週刊サッカーマガジン」の韓国情報コーナーから本格的に執筆活動を開始。02年日韓W杯後に「サッカーを本格的に書く」と決心し、ペンネームに。しかし状況ままならず、再び学生時代に専攻した朝鮮半島方面へ。名前はそのままでやってます。本名は英治。ドイツ・ケルンにも在住歴あり。

 今年2月の平昌五輪とロシアW杯。筆者は今年2度、”浦島太郎状態”になった。 

 大会開幕前の静かな日本を旅立ち、序盤だけを現地取材。その後、日本に戻ってきた。すると大盛り上がりとなっているのだ。

試合後の渋谷は毎回大盛り上がり(撮影:筆者/6月28日のポーランド戦後、29日に)

 今回は出発前に「ロシアに行く」と近所の19歳の女子カフェ店員に伝えると、「え、なんでですか?」と聞かれた。しかし、第3戦のポーランド戦前に戻ると、もはや羨望の眼差し。「わーっ、試合観てきたんですか?」と。ポーランド戦後には彼女らと同世代が渋谷で大騒ぎする風景も観た。

 成田空港でのファンの見送りは約150人で、出迎えが1000人(800人と報じるメディアも)だったという。この点からも大会開幕直前、あるいは開幕後に盛り上がったことが分かる。

 決勝戦に向け、最後の盛り上がりを見みせているW杯。ここでひとつ考えてみたい。

 ”大会直前まで日本国内がなぜ盛り上がらなかったのか論”

 そこにはサッカーを超えた、日本社会全体に問いたいポイントがある。

雑誌に支えられてきた日本のサッカー

 今回のロシアW杯は直前まで「過去の大会の中で最も盛り上がらない」と言われてきた。

 日本代表は98年大会以降、6大会連続のW杯本大会出場を続ける。

 98年は初出場時の熱狂、02大会は開催国だから当然盛り上がった。06年は「黄金世代」と言われた1979年生まれの選手が28歳、ピークと言われる年齢で迎える大会だった。2010年大会あたりから”慣れ”も出てきて少し落ち着いてきた感があるが、それでも前回の2014年ブラジル大会では、大会前半年間の結果が良かったため、大いなる期待感があった。

 しかし、今大会はどうだったか。6月11日、日本代表の合宿地オーストリアで行われた記者会見で、西野朗監督に対し「過去のW杯に比べると、日本代表への関心が低いのでは?」と質問が飛んだ。また主将の長谷部誠は7月5日の代表チームの帰国凱旋会見で「無関心が一番怖かった」と発言している。

 日本代表は大会2カ月前にハリルホジッチ前監督を解任。その後の成績も振るわず。雰囲気が暗かった。

 それが全てだ、と言い切ってしまうのはもったいない。理由のひとつは、ここにあるのではと考える。本稿で一番言いたい点だ。

 ロシアW杯は「メディアのウェブ化の影響を考えるべき、初めての大会だった」。

関連記事

新着記事

»もっと見る