BBC News

2018年7月17日

»著者プロフィール

噴火が続く米キラウエア火山があるハワイ島の沿岸で16日、噴出した岩が溶岩見学ツアーの船に当たり、23人がけがをした。地元当局が明らかにした。

爆発によって飛んできた岩などが船の屋根を突き破ったという。乗客1人が足の骨を折ったほか、12人がやけどをし、病院で手当を受けた。当局による捜査が開始されている。

キラウエア火山では、5月に噴火が始まって以来、ガスや溶岩の噴出が続いている。

<おすすめ記事>

乗客らがハワイ州土地自然資源局に語ったところによると、観光船は沿岸警備隊が設定した安全地帯の外に出ていた。

溶岩が海に流れ込んだ際に出る煙には塩酸やガラス粒子が含まれていることから、当局は毒性のある煙に近づくことの危険性を警告していた。

キラウエア火山は世界で最も活発な活火山の一つで、5月からの噴火によって何百もの住宅が破壊され、何千もの住民が避難を余儀なくされている。

しかし、現在までに報告された深刻な負傷の事例は、バルコニーにいた際に飛んできた溶岩でけがした男性にとどまっていた。

米地質調査所は先週、キラウエア火山から流れ出た溶岩によって新しい島が形成されたと発表した。

(英語記事 Kilauea volcano: Flying lava injures 13 in Hawaii

提供元:https://www.bbc.com/japanese/44855907

関連記事

新着記事

»もっと見る