BBC News

2018年8月3日

»著者プロフィール

スウェーデンのストックホルムで2日、エリック・トレルさん(20)がおもちゃの銃を所持しているところをスウェーデン警察に射殺された。現地メディアが報じた。報道によると、トレルさんはダウン症と自閉症の一種を併発していた。

警察は2日早朝、「切迫した状況」と表現した事態に対応し、トレルさんに発砲した。

トレルさんはその数時間前に家を出ており、家族は行方不明として届け出ていたという。

トレルさんの母親、カタリナ・ソーデルベリさんは、おもちゃの銃は贈り物だったと話した。またソーデルベリさんは息子を「世界で一番優しい人」と呼んだ。

ソーデルベリさんはスウェーデンのニュースメディア「エクスプレッセン」に対し、トレルさんの障害は重く会話も困難で、実際に使えたのは「ママ」という言葉だけだったと語った。

ソーデルベリさんによると、銃撃された当時にトレルさんが持っていたプラスチック製のおもちゃは「半自動小銃のような」形だったという。

エクスプレッセンのツイッターアカウントは、「父親はエリックの捜索を警察に求めた。その後、エリック死亡の報を聞いた」とツイートした。

https://twitter.com/Expressen/status/1025111204438654979


「理解できない。息子は蚊も殺さないのに」とソーデルベリさんは述べた。

トレルさん射殺は、スウェーデンの首都ストックホルムのバサスタン地区で、現地時間2日午前4時ごろに起きた。銃を持った男性がいるとの通報を受け、警察が現場を訪れていた。

現場に到着すると、警察官はトレルさんが危険な武器を持っていると考え、それを捨てるよう命じたという。警察によるとトレルさんは従わず「脅すような」動きを見せ、発砲された。

トレルさんは病院に運ばれたが、後に銃撃による傷が原因で死亡が確認された。

ソーデルベリさんは、トレルさんは過去にも何度か家を出て行ったことがあるが、常に発見されたり帰宅したりしていたと話した。

エクスプレッセンによると、警察が対応を誤った可能性について事実関係の調査が進んでいる。

(英語記事 Down's syndrome man with toy gun shot dead by Swedish police

提供元:https://www.bbc.com/japanese/45054207

関連記事

新着記事

»もっと見る