前向きに読み解く経済の裏側

2018年8月6日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。主に調査関連部署に勤務した後、2005年に銀行を退行して久留米大学へ。著書に『増補改訂 よくわかる日本経済入門』(朝日新書)、『老後破産しないためのお金の教科書』(東洋経済新報社)、『世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書』(宝島社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)など多数。

若いうちに小さく損をしておくのも良い経験

 2万円と言わず、10万円でも20万円でも自分の判断で売り買いをしてみる事も、お勧めです。儲かれば素晴らしいですし、損をしても「少額の損で経験を積み、将来の大きな損を避ける事が出来た」と考えれば良いからです。

 若い時に小さな損をしても、何も学ばずに中高年になって大きな損をする人もいますので、この効果については保証の限りではありませんが(笑)。

最初の一歩が重要だから、背中を押してあげよう

 人間は、怠惰な生き物です。「そろそろ投資を始めようかな」と思っても、「口座を開設するのが面倒だから、来月からにしよう」と考えて、結局いつまでも投資を始めない、という人も多いでしょう。

 iDeCoやNISAといった非課税枠は、積極的に活用すべきですが、最初の一歩が面倒だと感じて、結局非課税の特典を享受できていない人も多いでしょう。

 そこで筆者が企業の人事担当者に勧めているのは、「NISA口座、iDeCo口座を開設したら、1万円をプレゼントする」という制度です。社員にボーナスを1万円払っても、すぐに使ってしまって終わりでしょうが、NISAやiDeCoの口座を開設するインセンティブとして1万円を支給すれば、社員がそれを活用して一生の間に何十万円も節税できるかも知れません。社員の福利厚生としては、かなり効率の良い制度だと思うのですが、いかがでしょうか。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る