BBC News

2018年8月30日

»著者プロフィール

米国のホームレス男性が、自分を援助する名目で40万ドル(約4460万円)以上の募金を集めたカップルに対し、2人が募金を自分たち「貯金箱」のように扱っていたとして、提訴した。

ジョニー・ボビット氏(35)は昨年、車のガソリンが切れて困っていたケイト・マクルーア氏(28)に、20ドルを渡したことで注目浴びた。20ドルは、所持金の残り最後だったという。

マクルーア氏と恋人のマーク・ダミコ氏(39)は、インターネットでボビット氏のための募金活動をはじめ、1万4000人以上が賛同し、資金を提供した。

ボビット氏は28日、詐欺と共謀の疑いでニュージャージー州マウント・ホリーの裁判所に2人を提訴した。聴聞は30日に行われる予定。

ボビット氏の弁護士は、カップルは募金サイト「GoFundMe」でボビット氏支援名目で立ち上げたアカウントを、「それ以外の方法では手に入れられなかったライフスタイルを得る」ために使ったと述べた。

最近でインタビューでボビット氏は、マクルーア氏とダミコ氏は最近ラスベガスやフロリダへの旅行代を払ったほか、BMW製の自動車を新しく購入したと話した。

地元メディアによると、ダミコ氏は大工として、マクルーア氏はニュージャージー州交通局の受付係として働いているという。


マクルーア氏は先週、地元紙フィラデルフィア・インクワイアラーの取材に対し、失望と裏切りを感じていると語った上で、まだボビット氏を助けたいと思っていると話した。

同氏は涙ながらに、「このことで仕事を失いたくない」と述べた。

当初の目標金額だった1万ドルを大幅に超えた後、カップルは支援者に対し、資金はボビット氏のために設けた複数の信託基金で蓄える方針で、資金管理を手伝うため弁護士と金融アドバイザーを雇うことにしたと説明していた。

2人はボビット氏に衣服を与え、新しいキャンピングカーを家の前に停めることを許可していたが、後には退去を要求したという。

ボビット氏は、2人がこのキャンピングカーを売り払い、募金の一部を賭博に使い込み、自分に一切の収支記録を見せようとしなかったと主張している。

マクルーア氏とダミコ氏は、ボビット氏が13日間で2万5000ドルを薬物に使い込んだと主張している。

ダミコ氏は27日に全国放映されたNBCインタビューで、「彼が手にした金は全て薬物に使われた」と話した。

インタビューでダミコ氏は、どのように募金が使われ、どれだけ残っているか確認するため、会計士による財務報告書の点検に応じる用意は「もちろん」あると強調した。

米海兵隊出身のボビット氏は現在、弟と一緒にホームレス生活に戻っている。

インクワイアラーの取材でボビット氏は、薬物を買うため小銭目当てに物乞いをする方が、ダミコ氏とマクルーア氏から金を引き出そうとするよりましだと話した。

ボビット氏の弁護を務めるジャクリーン・プロミスロ氏はBBCの取材に対し、この件を無報酬で引き受けたと話した。ボビット氏が何千もの人々による寄付金から確実に利益を受け、「2度とホームレスにならないため」だと説明している。

プロミスロ弁護士によると、ボビット氏は自分の面倒を見るのにカップルが使った金額は約7万5000ドルに上ると話している。

一方のダミコ氏は、NBCのインタビューで、集まった資金のうち15万ドルが残っていると話している。

プロミスロ氏弁護士は、実際の裁判まで至るのは避けたいと話す。

「集まった金の使い道は、カップルが決めるべきものではない。電子メールや電話でやりとりをした全員がこの事件にひどく怒り、ジョニー・ボビットに与えたお金を本人が受け取れるよう心から願っている」

募金サイト「GoFundMe」の広報担当者は、同社が「不正利用の訴えについて調べている」と話した。

「ジョニーが受けるべき支援を受けられるよう、募金した人たちの意図が尊重されるよう、取り組んでいく」方針という。

(英語記事 Homeless man sues over $400,000 fundraiser

提供元:https://www.bbc.com/japanese/45351347

関連記事

新着記事

»もっと見る