2011年8月号
2011年8月号

特集:涼と出会う京の夏

「猫の鼻と愛宕山(あたごさん)とは真夏(まなつ)も冷(ひゆ)る*」なんてことばがあるのだとか。
愛宕山は京都の西北にそびえる信仰の山ですが、
真夏の京都でひんやりしているのは、猫の鼻と愛宕山くらいのもの、
つまり、京都の夏はそれだけ暑いのだということでもありそうです。
は然りながら……「ひととき」は、京都の夏は涼しい、
そう申し上げさせていただきましょう。
なにしろ、さんずいに京と書いて「涼」というくらい。
千年も都として栄えた古都には、
夏を涼しくすごす工夫や場所がたくさんあるはずです。
そこで創刊10周年記念号の今回は、京都に「涼」の知恵を学ぶべく、
総力をあげて全45ページの大特集。
どうか最後までごゆるりとお楽しみください─。
*天明7(1787)年に成立したことわざ集「譬喩尽〈たとえづくし〉」にみえる。8巻、松葉軒東井編。
写真・中田 昭

京都の路地 まわり道
千 宗室・文 井上隆雄・写真
小川界隈

今月の旅指南
愛知県西尾市・諏訪神社の大提灯まつりほか

10周年記念大特集
涼と出会う京の夏

エッセイ 中西 進
京の夏

リンボウ先生小旅行記
千 宗室・案内 林 望・文 中田 昭・写真
涼をたずねて、いざ京都へ

今を決めたあの時 特別編
吉永みち子・文 赤城耕一・写真
吉岡幸雄 自然からいただく千年の色

芭蕉の風景 特別編
小澤 實・文 中田 昭・写真
すゞみのいひやう少し心得て仕たり
─芭蕉が捉えた京の「涼」

ちょっと寄り道うまいもの 特別編
森枝卓士・文 打田浩一・写真
夏越える元気をくれる京の味

ひととき10周年記念
「京都の涼」オープン懸賞

古代史紀行 アキツシマの夢 特別編 恵美嘉樹
後白河上皇と平清盛─両雄の蜜月と対立

エッセイ 赤瀬川原平
数値化できない涼の文化

コラム「八月の風物詩」
結喜しはや/安藤寿和子・文 中田 昭・写真
(1)六道まいり 六道さんで始まる京のお盆
(2)五山送り火 夜空に浮かぶ精霊送りの火
(3)六斎念仏踊り 無病息災を願う郷土芸能
(4)地蔵盆 楽しみのなかで結ぶ、仏の縁
(5)松上げ 山里の空を焦がす大松明

涼と出会う京の地図

旅の小箱 from JR東海、JR西日本
●涼風に誘われて 清流の郡上八幡、上高地へ
●「東京キャラクターストリート」に新しい仲間が増えました!
●「京の夏の旅」キャンペーン 「京の七夕」と嵐山・宮廷鵜飼
●高知・四万十・足摺キャンペーン 新たな観光スポットがオープン
●尾道・三原・竹原キャンペーン 尾道で古寺・文学散策
●岡山後楽園の幻想庭園を堪能するならホテルグランヴィア岡山へ