BBC News

2018年9月28日

»著者プロフィール

ブライアン・ラフキン

レイチェルさん・ジュンさん夫妻は、「J-ビデオ・ブロガー」(Jブロガー)だ。ユーチューバーとして、観光地として人気が急上昇し、世界の関心を大きく集めている日本での生活をビデオで撮り、日本について知りたいという大勢の人たちに向けて解説している。

世界のどの国であれ、その文化が持つ独特なニュアンスや特徴を噛み砕くために書かれた本や記事がある。しかしYouTubeでは、ある国への関心が非常に高い。日本だ。

赤毛の女性が日本の「宮城蔵王キツネ村」で何十匹ものキツネと戯れているビデオの再生回数は、600万回以上に達している。「Idiot's Guide to Japanese Squat Toilets(サルでも分かる和式トイレ・ガイド)」は300万回、「Modern Japanese Table Manners(現代の日本食テーブルマナー)」は200万回近い再生回数になっている。

こうしたビデオはすべて、「レイチェル&ジュン」というYouTubeのチャンネルを運営している名古屋で暮らすビデオ・ブロガー、レイチェルさんとジュンさんの葦月夫妻が作ったものだ。日本の日常生活での実体験に基づいた2人のビデオは、2億回以上再生されている。

2人は、「Jブロガー」と呼ばれるコミュニティーに属している。日本文化への洞察を共有して何百万回という再生回数を稼ぐユーチューバーたちだ。多くは日本で暮らす外国人で、日本の高校見学からカプセルホテルでの宿泊体験複数の人種の血を引くことはどんなことかに至るまで、Jブロガーたちは何でも投稿する。

Jブロガー人気は、もっと大きな流行の一端を担っている。YouTubeは日本において、これまでにないほどの人気なのだ。YouTubeのアジア太平洋におけるクリエーター・アーティスト開発責任者、マーク・レフコウィッツ氏は、「日本でYouTubeチャンネルに投稿されるコンテンツの時間は、2016年から2017年で倍増した」と説明する。

レイチェルさんとジュンさんは、180万人のチャンネル登録者向けに日本に関するビデオを作って生計を立てている。そこから分離したチャンネルもあり、料理ビデオが中心の「Jun's Kitchen(ジュンズ・キッチン)」の登録者数は200万人だ。

夫妻はYouTubeでどれだけの収入を得ているのかは、教えてくれなかった。再生回数や視聴者の居住国によって広告料金が異なるなどにより、その時その時で収入が異なるというのが理由だ。多くのユーチューバーの収入も同様だ。

2人は、Jブロガーとしてのビデオ作りが他の仕事への扉を開いたと話す。夫婦でビデオゲームの声優の仕事を依頼されたり、レイチェルさんがモデルを打診されたりするようになった。さらに、クリエイターのための資金調達サイト「パトレオン」での視聴者からのスポンサーと寄付(多くの人気ユーチューバーにとっての2本柱)もあり、これらすべてが収入の足しになっている。

しかし夫婦は、インターネットで有名人になろうとしたわけでは決してなかった。2012年にチャンネルを始めた時、2人は長距離恋愛中だった(ジュンさん日本を世界に伝える人気ユーチューバーは日本人、レイチェルさんは米国人)。2人でビデオを共有するためにこのプラットフォームを使った。

他の人たちが関心を持つようになるまでに時間はかからなかった。2012年3月に「What NOT to do in Japan(日本でこれはやらない方がいい)」を作った時、チャンネル登録者数はわずか数十人だったが、あっという間に再生回数を増やしていった。

しかしビデオブログ成功への道は簡単ではない。

「休みがない日が2〜3年ほどありました。週7日働いていた。起きている時間はすべて、ビデオ作り、編集、アイデア出し、撮影、ソーシャルメディア、集まりへの参加といったことに費やしました。結局、2人とも体調を崩してしまった」とレイチェルさんは言う。「自分が自分に課した締め切りに間に合わせるために数週間おきに体調を悪くし、週に数回は徹夜しました」

ユーチューバーの燃え尽き症候群は珍しくない。しかし、レイチェルさんとジュンさんを突き動かしたのは、自分たちが本当に大切に思っていることをビデオにしたいという思いだった。そして日本についてもっと知りたいというインターネットがそれに応えた。

「私たち(Jブロガー)はみんな、視聴者から私たちのおかげで日本に行ったとか、私たちのビデオを見て日本語を勉強し始めたとか、あの場所に行ったよ、とかのコメントをもらいます」とレイチェルさんは話す。

彼らは草の根文化大使と言えるのだろうか? 「個人的には、自分を大使とは思っていません」とジュンさんは言う。レイチェルさんもそれに同意する。「YouTubeを始めたのは、ただやりたかったから」。

最近作ったビデオの1つ、「50 Facts About Japan(日本に関する50のこと)」は、制作にこれまでのどのビデオよりも長い250時間以上を費やした。11分間のビデオでは、かわいい動物の形をした道路工事用の柵や、日本人は今もCDを購入していること、避妊用ピルがあまり使われていないことなど長いリストを網羅している。これらはすべて、夫婦が何年も考えていたが視聴者にはあまり知られていないかもしれないと思ったものだ。2人のチャンネルの視聴者は190の国と地域に広がっており、うち30%が米国で、残りは日本(日本人は英語を学ぶために見ていると夫婦は説明する)、台湾、ドイツ、ブラジル、スペイン、スウェーデンなどあらゆる場所にいる。

ではなぜ、Jブロガーは人気なのだろうか?

世界的な関心と、外国人観光客が理由かもしれない。日本への観光者数は年々、光の速さで増えている。2012〜2017年は250%増加した。世界観光機関によると、日本の観光事業は6年連続で2桁の成長を見せており、過去1年間に日本を訪れた外国人観光客は2800万人を記録。特に中国からが多いという。日本政府は2020年の東京オリンピック(五輪)に向けて、4000万人の旅行者を呼び込むことを目指している。

「私にとってこれは特に興味深い。Jブロガーの人気と比例しているので」とYouTubeのレフコウィッツ氏は語る。

(キャプション)東京の浅草寺に集まる観光客。中国からの観光客に後押しされ、日本の観光者数は過去6年で毎年2桁増となった

レフコウィッツ氏は、日本のポップ・カルチャーの人気と日本食や歴史への関心の高さが、観光者数増加とJブロガー人気の急増に大きな役割を果たしていると付け加えた

「みんな、バーチャルで日本に旅行に来たいし、日本食や習慣、文化についてもっと知りたいと思っています」と説明する。「それは当社プラットフォームの驚くほどの成長にも繋がっています」。

しかし東京を歩き回ったらそこら中にアンドロイドがいたりポケモンのコスプレと遭遇できたりすると期待して来る外国人旅行者は、失望するだろう。

どの国にも誤解はあるものだが、日本は特に、海外メディアに独特の描かれ方をするようだ。例えば、ゲーム番組で生きたゴキブリをプラスチック製のチューブに入れ、ゲームの参加者が相手に向かって吹き飛ばし合うような、日本の奇妙な要素に焦点を当てたがる。

「地に足がついた現実的な視点を、実際に住んでいる人たちから得られるのは(視聴者にとって)いいことだと思います」とレイチェルさんは言う。多くの人は日本を「クレイジーな場所」と思っているが、「実際にここに来ると、ただの普通の国」なのだ。

実際、2人のチャンネルは時に、日本での暮らしのネガティブな部分にも触れる。東京医科大学が8月、女子受験者の点数を不正操作し合格者数を制限していたと認めた時、レイチェルさんとジュンさんは日本女性のSNSでの反応をいくつも詳しく取り上げ、性暴力の被害を告発する「#MeToo(私も)」運動の広がりに時間がかかっているこの国での性差別にスポットライトを当てた。

しかし2人のチャンネルは、ほとんどが文化的違いについての話題だ。筆者がスカイプで夫婦にインタビューした時、2人のビデオの多くを彩ってきた「異文化からの意見の食い違い」を実際に目の当たりにできた。ある時点でレイチェルさんは、どたばた喜劇のようなゲーム番組や騒々しいお笑い芸人などで、世界がいかに「いかれた日本」のイメージを植え込まれているかについて話し始めた。

ジュンさんは、「君たちは日本人をシャイだと思ってたんじゃない?」と割って入った。

レイチェルさんは、「うーん、それはそうだけど、でも……」と言葉に詰まる。

ほら。非常に多くの異文化カップルでよく見られるやり取りだ。なぜそうするのか、なぜそう思うのか、お互いに尋ね合う。Jブロガーのビデオを見ている世界の視聴者の間でも、同じような会話がカップル同士の間で起こる。

「ビデオの中で両方の視点を見られるのは本当に役立っていると思います」とレイチェルさんは話す。「私たちのチャンネルが比較的うまくいっているのは、それもあると思う」。


ブライアン・ラフキンはBBCキャピタルの特集ライター。ツイッター・アカウントは@bryan_lufkin

(英語記事 The YouTube stars who teach the world about Japan

提供元:https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-45623475

関連記事

新着記事

»もっと見る