BBC News

2018年10月2日

»著者プロフィール

米連邦最高裁判事に指名されながら性的暴行疑惑のため承認手続きが紛糾(ふんきゅう)している、ブレット・キャバノー高裁判事について、大学時代の同級生が、判事は宣誓下で飲酒についてうそをついたと非難した。9月30日に声明を発表した。

ノースカロライナ州立大学で教えるチャールズ・ラディングトン教授は声明で、イェール大学でキャバノー判事と親しくしていたと説明した上で、判事が米フォックスニュースや上院司法委員会の公聴会に対して、自分の飲酒行動について話すのを聞き、「とても困惑し」「体がこわばる思いをした」と発言した。

「ブレットにさかんに酒を飲んでいたし、深酒をしていた。大学の最初の2年間、よく一緒に飲んでいたので、それは承知している。ブレットが頻繁にろれつが回らなくなるのを私は見にしたし、飲酒によって足元がおぼつかなくなるのも見た。飲んでいたのはビールだけではない。ブレットは酔うと、よくけんか腰で乱暴になった。最後に、自分もそのつもりでブレットにつきあって遊んだとき、他の人間からのつっかかるような発言に対してブレットは、事態を収めようとするのではなく、相手の顔にビールを投げつけた。その結果、けんかになり、共通の友人が1人、留置場行きになった」とラディングトン氏は書いた。

「酒の影響で記憶を失ったことなど一切ないと(公聴会で)断言し、自分の飲酒の程度と頻度を控えめに表現したブレットは、真実を語っていない」とも書いた。

「もし全国中継されているテレビで自分の過去のふるまいについてうそをついたなら、もっと言えば、合衆国上院の前で宣誓した上でうそをついたなら、それはなにもなかったことにすべきではない」とラディングトン教授は強調した。

米紙ニューヨーク・タイムズは、ラディングトン教授は1日にもFBIに情報を提供するつもりだと伝えた。

キャバノー判事は9月27日の司法委員会公聴会で宣誓のもと、自分は高校時代も今もビールが好きだが、飲みすぎて記憶をなくしたことなどないと言明していた。

1982年の夏に当時17歳だったキャバノー氏が当時15歳の女子高生を強姦しようとしたと、本人のクリスティーン・ブラジー・フォード教授が名乗り出て同じ公聴会で証言している。フォード教授は当時のキャバノー氏は友人と一緒に酒に酔って、自分をベッドに押し付けて服を脱がせようとして、自分が助けを求めようとすると口を手で押さえたと述べた。

キャバノー判事は疑惑を全否定している。

こうした中、司法委の共和党議員は連邦捜査局(FBI)による事実関係の捜査を要請。ドナルド・トランプ米大統領はFBIに捜査を指示した。キャバノー判事の飲酒癖や、当時の出来事についての記憶の有無も、捜査の対象に含まれるとみられる。

米メディアはトランプ政権が、FBIの捜査の範囲を厳しく制限したと伝えているが、トランプ氏はそのようなことはしていないと反論。「事情を聞くべき相手だと思うなら誰でも」FBIは事情を聞くべきだとツイートした

ラディングトン教授とは対照的に、別のイェール大学の同級生で米バスケットボールNBAのクリス・ダドリー元選手は米紙ワシントン・ポストに対して、「ブレット・キャバノーが(飲酒によって)記憶を失うなど、一度も見たことがない」と話している。

一方で、トランプ大統領は1日の記者会見で、判事の公聴会での発言は「素晴らしかった」と思うと述べた上で、「自分が酒を飲んでいるときに起きたことについて話すのは、少し大変そうだった」、「彼は、アルコールについて自分の行動は完璧だと言ったわけではない」と発言した。

(英語記事 Brett Kavanaugh's classmate says he lied about drinking

提供元:https://www.bbc.com/japanese/45715028

関連記事

新着記事

»もっと見る