BBC News

2018年10月3日

»著者プロフィール

米連邦最高裁判事候補の承認手続きが性的暴行疑惑で紛糾(ふんきゅう)している問題で、ドナルド・トランプ米大統領は2日、36年前の被害を名乗り出て上院で証言した女性について、支援者集会で嘲笑した。さらに、「アメリカの青年にとって怖い時代だ」とも述べた。一方で、被害を証言したクリスティーン・ブラジー・フォード教授の弁護団は、1週間の期限付きで疑惑を捜査している連邦捜査局(FBI)がまだフォード教授に接触していないと明らかにした。

ブレット・キャバノー高裁判事を最高裁に指名したトランプ大統領は、ミシシッピー州で開いた支援者集会で、フォード教授の名前は出さないながらも上院司法委員会で証言した教授を真似て、「36年前にこんなことがあった。自分はビールを1杯だけ。それはつまり……。いいえ、1杯だけ! そうか、どうやって家に帰ったの? 覚えてません。どうやって行ったの? 覚えてません。それはどこ? 覚えてません。何年前? わかりません、わかりません、わかりません、わかりません。どの地区? わかりません。家はどこ? わかりません。2階なのか1階なのかどこだったの? わかりません。でもビールは1杯。それしか覚えてません。おかげで、1人の男の人生がボロボロだ」とまくしたてた。

トランプ氏がこうたたみかけると、集まった支持者は笑いながら歓声を上げた。

<関連記事>

トランプ氏はこれに先立ちホワイトハウスの記者団に、上院はキャバノー判事を承認するはずだと述べた。その上で、「これまでずっと『有罪が立証されるまでは無罪』だと教わってきたのに、今では無罪が立証されるまで有罪なんだ。それは、とても厳しい基準だ」と述べた。

さらに大統領は、「無実なのに有罪だと言われるなんて、アメリカの青年にとってとても怖い時代だ」とも話した。

FBIは当事者に接触するのか

フォード教授は9月27日の上院司法委員会公聴会で、1982年の夏に当時17歳だったキャバノー氏が当時15歳の自分を強姦しようとしたと証言した。教授は当時のキャバノー氏は友人と一緒に酒に酔って、自分をベッドに押し付けて服を脱がせようとして、自分が助けを求めようとすると口を手で押さえたと言明した。

キャバノー判事は同じ公聴会で、疑惑を全否定した。

上院司法委は翌28日、承認手続きを本会議に送付すると賛成11、反対10で決定した。ただし、ジェフ・フレーク議員(共和党)が、FBIが疑惑内容を捜査しないなら自分は本会議で承認に反対すると表明。これを受けてトランプ大統領が、最長1週間の捜査を指示した。1週間の期限は今月5日になる見通し。

この捜査について、フォード教授の弁護団は2日、FBIがまだフォード教授に接触していないと明らかにした。弁護団はFBIのクリストファー・レイ長官とデイナ・ベンテ法務顧問あてに書簡を送り、キャバノー判事に対する身辺調査に着手してからすでに5日がたっていると指摘した。

弁護団は、フォード教授に事情聴取する機会を提供するとFBIに申し出たほか、「複数のメールや手紙で、FBIの役に立つ証人や証拠を特定して」FBIに情報を提供したにもかかわらず、FBIからは何の反応もないと明らかにした。

弁護団は書簡で、「そして今日午後になり、FBIがフォード博士やキャバノー判事に事情聴取するつもりがないという報道を知った。この報道は正確でないことを期待する」と書き、フォード教授に事情聴取しないままFBIが捜査を終えるなど「あり得ない」と強調した。

https://twitter.com/ryanjreilly/status/1047229087637491721


FBIは「捜査を早く切り上げる」のか

弁護団の書簡に先立ち、複数の米メディアが、FBIは5日の期限より早く捜査を切り上げるかもしれないと伝えた。

米紙ウォールストリート・ジャーナルは匿名の消息筋の話として、FBIが「早ければ」3日にも捜査を終えるかもしれないと書いた。

FBIはこれまでに、キャバノー判事の友人でフォード教授によると暴行現場に一緒にいたというマーク・ジャッジ氏を事情聴取している。ジャッジ氏は上院司法委に対して、法律事務所が出した書簡で、そのような出来事は記憶にないと伝えていた。司法委の野党・民主党はジャッジ氏の喚問と宣誓証言を要求したが、与党・共和党は応じなかった。

FBIはこのほか、イェール大学時代にキャバノー氏に性器をつきつけられたと名乗り出た同級生のデボラ・ラミレス氏からも事情を聞いた。

FBIの報告はどうなる

FBIが捜査結果をホワイトハウスに提出した後、ホワイトハウスは上院に共有する。内容は通常、公表されない。

その上で上院本会議は、キャバノー判事を承認するか議決する。

共和党のミッチ・マコネル上院院内総務は1日、「果てしない遅延と妨害の時はもう終わった」と、民主党が承認手続きを阻止しようとしていると非難した。

マコネル議員は承認の議決がいつになるか特定しなかったが、5日か6日になると予想されている。

上院司法委の民主党筆頭委員、ダイアン・ファインスタイン議員は、FBIの捜査結果を上院議員たちが吟味するための時間が必要だとして、5日の採決は早すぎると反発している。

最高裁判事の承認には、まず上院司法委員会が本会議に承認動議を送付するか採決した後、本会議(定員100)が投票する。過半数の賛成を獲得すれば、候補は終身の最高裁判事となる。

現在の上院は、51対49の僅差で共和党が多数党。仮に民主党議員が全員、キャバノー判事の承認に反対した場合、共和党から2人が反対に回れば、承認は否決される。50対50の場合は、上院議長のペンス副大統領が投票するため、承認は可決される見通し。

現在の最高裁判事はすでに保守派5人、リベラル4人で、保守派が優勢な構成になっている。最高裁判事の任期は終身なだけに、最高裁判事たちの政治的傾向が圧倒的に保守寄りになった場合、その判決はトランプ氏の任期満了後も長く米社会に影響を及ぼすことになる。

米政界では11月6日に、連邦議会などの中間選挙が行われる。民主党が下院の過半数を奪還する可能性があるだけに、共和党は中間選挙の前に保守派判事を最高裁に送り込みたい構えだ。

(英語記事 Kavanaugh investigation: FBI 'hasn't spoken to Christine Blasey Ford')

提供元:https://www.bbc.com/japanese/45729761

関連記事

新着記事

»もっと見る